働きたくない人でも今すぐに収入が得られる5つの方法

「働きたくない」「会社行きたくない」人は今すぐ行動!

布団の上で目覚めたとき、仕事に向かって居る途中、終業後など…いろいろなタイミングで「働きたくない」と思った経験はありませんか?

「働きたくない」という感情を持つのは、悪いことではありません。無理に働きたくない状況を我慢し続ける方が心身ともに辛いことに。

しかし生活をするうえで、お金は必要不可欠。家賃や食費、生活費を賄うにはお金が必要です。お金がなければ生活はできません。

多額の貯金や財産があれば働かなくても問題ないかもしれません。また家族や身内が養い続けてくれるのであれば、大丈夫です。とはいえ、そんなにうまい話はほとんどありません。

そこで今回は、働きたくない人でも今すぐに収入が得られる5つの方法を紹介します。

働きたくない人でも今すぐに収入が得られる5つの方法

それでは早速働きたくない人でも今すぐに収入が得られる方法を紹介します。

1,支援を受ける

どうしても働きたくない人は、国や市区町村からの支援を受けましょう。

  • 生活保護
  • 傷病手当金
  • 自立支援医療制度
  • 高額療養費制度
  • 医療費控除
  • 労災補償
  • 特別障害者手当
  • 障害年金
  • 特別障害給付金制度
  • 生活福祉資金貸付制度(低金利の融資)

これらの支援は条件が整っていれば無料で支援を受けられます。「体の調子が悪くて働けない」「精神的な疾患を持っている」「年齢的な問題で働きたくない」などの理由があれば支援が受けられます。支援とはお金です。金額や支援を受けられる期間は決まっています。

しかし働きたくない期間中、大きな助けになるのは事実です。どうしても理由があって働きたくない場合は、国や市区町村に頼ってみるのもおすすめです。ただし国や市区町村から支援を受けるには、理由が必要です。単純に「働きたくない」「健康で何も問題ない」場合は、支援を受けられない可能性もあります。十分に注意をしましょう。

2,在宅ワーク

今の時代、在宅ワークの種類はたくさんあります。一昔前の在宅ワークといえば、手作業が9割。サンプル詰め、飾り花作り、シール貼り、カプセル詰め、ネジ止めなど単純手作業がほとんど。1個作れば0.5円前後の報酬がもらえる仕組みです。生活できるくらいのお金を稼ぐには、かなりの作業量が必要になります。

最近の在宅ワークといえばデータ入力やライティング、アンケートモニターなどスマホやパソコンを使った簡単作業が人気。パソコンの知識がなければ、難しい可能性があります。しかし単純手作業よりも報酬が高く、ある程度の能力があれば満足に稼げます

また資金があれば在宅で投資ビジネスに挑戦してみましょう。投資ビジネスとは利益を得るために、企業や通過、株、土地などに資金を出すこと。投資できるジャンルは、いろいろな種類があります。最近人気なジャンルは仮想通貨。

仮想通貨とはデジタル通貨の一種で、紙幣やコインのない通過。近年、数億単位で稼いでいる投資家たちは、9割が仮想通貨に投資をしているといわれています。とくに投資家たちから人気が高い仮想通貨がビットコイン

ビットコインを開始する方法は、至ってシンプルです。まずは取引所に登録をします。取引上とは、仮想通貨の売買や換金などを行う場所。仮想通貨をはじめるために、絶対登録をしなければいけません。

またビットコインは資金があれば、最初から1ビット購入しても問題ありません。しかし1ビットあたり数十万円から数百万円の値段がついています。(※レートは毎日変わります。)簡単には購入できません。

そこでおすすめなのがビットコインの少額購入です。ビットコインは取引所を使えば、0.0001BTC(約1,000円)単位の購入ができます。少額からでも投資ができるのは、初心者には嬉しいポイントです。

「働きたくない」「将来的には家からでたくない」「楽して稼ぎたい」そんな人には、非常におすすめです。少額購入後、仮想通貨やビットコインについて、じっくり勉強をするのもアリです。

おすすめの取引所は、ビットフライヤーです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーといえば日本で最も知名度の高い仮想通貨取引所です。現在稼げている投資家たちも愛用している、非常に人気の高い取引所。申し込みから開口までの手順説明も書かれているので、初心者でも安心して利用できます。

またビットフライヤーは、ビットコイン以外に7種類の仮想通貨の取り扱いも行なっています。ビットコイン以外の仮想通貨に挑戦したい人にもおすすめです。手数料無料キャンペーンが行われることもあり、お得に利用できる取引所となっています。

「在宅でパソコンに向かって何時間も作業をしたくない」「手作業でも仕事をしたくない」とにかく家でも働きたくないという人には、非常におすすめなビジネスです。

日経ビジネスでも2018年9月頃「新たなキーワードは「デジタル化」」という記事が掲載され、近い未来に仮想通貨やキャッシュレス文化が大きな変化を遂げると書かれています。まさに、はじめるなら今がチャンスです。取引所の開口を急ぎましょう。

3,YouTuber(ユーチューバー)

YouTuber(ユーチューバー)とは、動画投稿サイトYouTube(ユーチューブ)を仕事にしている人たち。投稿した動画に広告を貼り付けるだけでOKなので稼ぐ仕組みは非常にシンプル。ヒカキン、はじめしゃちょー、ラファエル、Fischer’s-フィッシャーズ-、木下ゆうかなど、日本にも大人気YouTuber(ユーチューバー)がいます。この中には年収が数億円という人もいます。

彼らは基本的に閲覧数を増やすために、毎日おもしろ動画や大食い動画などをアップしています。旬の話題にのって、いち早く面白い動画を配信するのがYouTuber(ユーチューバー)の仕事です。

また顔出しをせずにYouTuber(ユーチューバー)として稼ぐ人もいます。ゲームの実況、音楽提供、動物動画、ニュースサイトまとめ、英会話、パソコンソフト解説動画など、再生数を稼ぐ方法はいろいろあります。これらの中で自分が「できる」と思える動画ジャンルを見つけて、製作するのがYouTuber(ユーチューバー)です。

最近では、小学生のなりたい職業ランキングでも数年間連続上位にランクインする人気な職業。「働きたくない」と思う人は、最初に趣味の領域で動画を投稿してみてはいかがでしょうか?動画投稿方法はYouTube(ユーチューブ)アカウント登録後、チャンネル作成をして動画をアップすればOKです。動画はスマホで撮影したものをあげても問題ありません。

まずは動画をアップして、自分がYouTuber(ユーチューバー)になれるか試してみましょう。そして動画再生数やチャンネル登録数がどのくらい集まるか、確認をしてみましょう。

4,玉の輿

絶対に働きたくない人は、思い切って玉の輿に乗れるように努力しましょう。玉の輿とはお金持ちのお家の人と結婚をすること。結婚する家庭によっては、仕事の手伝いを行わなければいけない可能性もあります。しかし手伝ったり、後継をしないでもOKな家庭もあります。働きたくない人は、そういった人を狙いましょう。

玉の輿に乗るためには、お金持ちと出会わなければいけません。

  • 婚活サイト
  • 知人、友人紹介
  • 交際クラブ
  • 高級飲食店
  • 会員制バー、クラブ

あらゆるお金持ちが集まる場所に行ける、出会いのコネクションを作りましょう。お金持ちと出会えるコネクションを手に入れたら、次は相手に気に入られる努力をしなければいけません。玉の輿に乗るためには、相手から気に入られなければいけません。

清潔な容姿、おだやかな性格、気遣い、マナーや常識など、人から気に入られるための努力を惜しまずに行う必要があります。お金目当てであるアピールも控えた方が良いです。適度に距離を保ちながら、良い関係が築いていけるように頑張りましょう。

普通の生活を送る中で玉の輿に乗れる人は、ほんの一部です。しかし「玉の輿に乗って働きたくない」と強く願い、生きていけば出会いの機会は訪れるはずです。自分の気持ちを信じて、まずはコネクション作りからはじめていきましょう。

5,人と関わらない仕事

働きたくない人の8割は「誰とも関わりたくない」と感じている傾向にあります。そんな人におすすめなのは、人とあまり関わらない仕事です。

  • セルフガソリンスタンド
  • 漫画喫茶
  • 家事代行サービススタッフ
  • 工場
  • マンション管理人
  • 試験監督
  • 採点業務
  • ポスティング
  • 清掃員
  • 警備員
  • データ入力

上記の仕事は、比較的高報酬で人とあまり関わらずに作業ができる仕事です。特別な資格を持たずにできる仕事なので、誰でも挑戦ができる仕事です。セルフガソリンスタンドや漫画喫茶、工場、警備員は、深夜時間の報酬が高く稼げます。週5日出ないでも問題のない職場も探せばあります。

このような仕事であれば、人との関わりを最小限に抑えて働けるます。「働きたくない」と思っていた人でも、これらの仕事に就いたら「仕事を苦痛に感じなくなった」という人もいます。会社や職場への通い仕事は、大変な面もありますが最も安定して稼げる手段です。「働きたくない」と思う人は、一時的にこれらの仕事で稼ぎ、貯金をし、投資の資金などを稼ぐのも良いでしょう。

働きたくない理由を改めて考える

なぜ今現在働きたくないのか、改めて理由を考えることも重要です。社内トラブルや一時的な感情で「働きたくない!仕事をやめたい」と考えるのであれば、一度冷静に考え直してみましょう。

人間関係

日本の退職理由ナンバーワンは人間関係。社内いじめ、セクハラやパワハラ、お局イビリ、嫌がらせ、不倫…など、人間関係が合わず「働きたくない」と思う人は非常に多いです。

入社時に開示される情報は、給与面や勤務形態、福利厚生などの基本情報だけで、働いている人たちは入社しなければ全くわかりません。どんな人がいるのか、社長や上司の人柄は、接してみなければ見えない部分です。もし人間関係の悪い会社に入ってしまったら、自分と相性が悪い人がいればお先真っ暗です。

今現在働きたくない理由が人間関係であれば、一度冷静に退社や転職を考えてみましょう。

労働が苦手・働くのが嫌い

  • 団体行動ができない
  • 決められたルールを守ることが苦手
  • 集中力がない
  • 拘束時間が長いと疲れる
  • 指示されることが嫌だ
  • 指示をするのが苦手

など、とにかく労働することが苦手という人もいます。また「仕事にやり甲斐を感じられない」「楽しくない」と感じる人も。

仕事が好きだったり、やり甲斐を感じられる人は長続きします。結果を出すことに喜びを感じたり、インセンティブのために頑張る人も同じです。しかし仕事自体が嫌いで、とにかく働くことが嫌な人は、仕事をする行為自体を苦痛に感じます。そのため、どんなに頑張ろうとしても苦手意識が強くなり、結果的に「働きたくない」と感じてしまうのです。

もしこれが理由であれば、人と接する必要がない仕事に転職することも視野にいれましょう。気持ちが楽になるはずです。

起きられない・体調不良・無気力

働きたくないと考える人には、下記のような症状が起こる人もいます。

  • 頭痛がある
  • 吐き気が出る
  • 腹痛が起きる
  • 朝起きれない
  • 夜に眠れない
  • 常に眠い
  • 無気力で考えられない
  • 微熱が続く

体調不良や過度の無気力状態が続くのは、鬱などの初期症状の可能性があります。仕事がストレスで、これらの症状が起こることはよくあります。一人で溜め込まずに、まずは病院やカウンセリングに行きましょう。

仕事は根性論でどうにかなるものではありません。自分に素直になることも大切です。体調不良が続く中で仕事を続けても良い結果を出すことはできません。もちろん気持ちと心のバランスが崩れて苦しくなる可能性もあります。まずは自分を第一に考えて、十分な休息と病院に行く時間を作りましょう。

やりたいことがある

目標や挑戦したいことがあるならば、それに向かいましょう。人生は一度きりです。今という時間は一生戻りません。「やりたいことがある」と思ったならば、自分と向き合い、できる限りで挑戦をしましょう。そのために勉強や転職、休職を考えることもOKです。生活ができる範囲で計画を立てて、挑戦してみましょう。

働きたくない状況が続き、辛い時間を過ごすならば、充実して楽しく過ごせる時間が作れるように努力しましょう。きっと今よりも良い環境が訪れるに違いありません。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です