今すぐお金が欲しい人はこちら

 

最低限知るべき!保険の種類と内容

保険の種類を理解する

保険は加入義務のあるものです。怪我や病気をした際に、保険に加入していなければ高額な費用を請求されてしまいます。そういった際に保険で医療費を賄うことができるのです。

この保険ですが意外と種類を知らない人もいます。

そこで今回は保険の種類について紹介します。

公的医療保険・介護保険の種類

病気や怪我をした時にお世話になるのが「公的医療保険」です。負担は本来かかる医療費の3割で済みます。

日本の公的医療保険は職業別に2種類にわかれています。

種類内容
健康保険会社員が加入する保険。公務員が加入する「共済組合の給付金付き」も、健康保険に含まれます。
国民健康保険自営業、無職の人が加入する保険

健康保険組合や市区町村が保険者にあたります。

会社員が加入する「健康保険」の保険者には「健康保険組合」と「全国健康保険協会」の2種類があります。

種類内容
健康保険組合規模の大きな会社や業界団体が独自に作って運営しているもの。●●健康保険組合、●●港湾健康保険組合など、会社や業界団体の名前がつけられていることが多いです。健康保険組合が運営する健康保険のことを組合管掌健康保険と言います。
全国健康保険協会単独では健康保険組合を持つことができない、小規模な企業の医療保険を実施しているのが「全国健康保険協会」です。ここが運営する健康保険は協会管掌健康保険と言います。

健康保険の保険料

組合・協会いずれの健康保険も保険料は、毎月の給与やボーナスの額に保険料率をかけた額を会社と社員が半額ずつ負担します。ただし、健康保険組合は規約を設けることで独自に負担割合を決められます。

健康保険のおもな給付

健康保険の給付には、主に6つの給付があります。

種類内容
療養の給付・家族療養費病気や怪我をした際に3割で診療を受けられる。
高額療養費1ヶ月の自己負担額が一定以上になったら、超えた額を保険者が負担してくれる仕組み。請求により後から払い戻される。
出産・育児一時金出産した際に一時金が支給される。金額は42万円(※変更あり)
傷病手当金病気や怪我のために休職した際に、1年6ヶ月を限度としてお金が支給される。金額は月給を日額にした金額(月給÷30日)の3分の2がもらえる。
出産手当金被保険者が出産のために会社を休んで給料がもらえない期間中、出産前42日間、出産後56日までの間は、月額を日額にした3分の2相当の金額が休んだ分、支給される。
任意継続被保険者制度被保険者が退職後も2年間は健康保険の被保険者でいることができます。ただし、退職後2ヶ月以内に申請が必要になります。

国民健康保険の仕組み

自営業や無職の人が加入する国民健康保険にも2種類あります。

種類内容
市町村住所地の市町村が運営
国民健康保険組合自営業の業界団体が運営。医師国保、歯科国保などある。

国民健康保険と保険の給付の違い

給付の種類健康保険国民健康保険
療養の給付・家族療養費ありあり
高額療養費ありあり
出産・育児一時金ありあり
傷病手当金ありなし
出産手当金ありなし
任意継続被保険者制度ありなし

後期高齢者医療制度

75歳以上の後期高齢者の医療費負担を軽くするための制度が設けられています。

  1. 原則として75歳以上
  2. 医療費の自己負担額は1割(所得が多い場合は3割)
  3. 保険料は原則として年金から徴収

介護保険

介護保険は専門家によって、どのくらいの介護が必要かを見定める「介護認定」を受けて「この人には、この介護が必要」と認められたときに、必要な給付が受けられる保険。

介護保険を利用したときは、原則としてかかった費用の1割を自己負担します。

お年寄りが「ホームヘルパーさんに来てもらう」「デイサービスに通う」などという話を聞いたことがある方も多いと思います。これらも介護保険の一種になります。

介護保険の保険者は市区町村で、その市区町村に住む40歳以上の人が被保険者として介護保険料を納めます。

労働保険

労働保険とはサラリーマンなどの勤め人が加入する公的な保険で、仕事をしている時や通勤中の事故による怪我や病気、死亡をカバーする「労災保険」と失業による収入補填をメインの給与とする「雇用保険」の2種類があります。

労災保険の特徴

労災保険には特徴的な部分が2つあります。

①労働者なら誰でも被保険者になれる

労災保険の被保険者には、労働基準法上の労働者=賃金を支払われている人であれば、誰でもなることができます。労働日数や時間、収入額などの制限は一切なく、短時間のアルバイトやパートの人も全員が被保険者になります。

なお、会社の役員などは労働基準法で定める労働者ではなく「使用者」にあたるので、労災保険の加入対象にはなりません。

②保険料は会社が全額負担

労災保険のほかの公的保険と異なっているのがこの点です。

保険料を負担するのは会社だけで、被保険者の自己負担は一切ありません。

労働保険の4種類

失業保険の強い労働保険ですが、実はほかにも給付はあります。

種類内容
求職者給付おなじみの失業保険。正式名称【基本手当】はこれに含まれます。
教育訓練給付「勉強したい」という意欲を支援する制度。厚生労働大臣指定の教育訓練を終了した場合、費用の20%、上限10万円が払い戻されます。被保険者期間が3年以上の人が対象。
雇用継続給付被保険者が安心して働き続けることができるようにサポートする制度。高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付という形で少なくなった給与を補填してくれる仕組み
就職促進給付失業後に早く就職が決まった日おtに対して、再就職手当金や就業手当を支給する制度

雇用保険に入る条件

被保険者の条件は下記2点です。

  1. 週20時間以上働いている
  2. その会社で働く期間が31日以上見込まれる

また雇用保険は失業したときに誰でも、基本手当をもらえるわけではありません。

種類理由
自己都合会社を辞めた日以前、2年間に雇用保険の被保険者だった期間が1年以上ある
会社都合会社都合で仕事を離れた日以前1年間に被保険者だった期間が6ヶ月以上ある

これらの条件をクリアできていれば、失業保険(基本手当)はもらえます。

保険は誰にでもある保証です。

自分が損をしないためにも、必ず確認をした上で加入を考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)