今すぐお金が欲しい人はこちら

 

出家して借金帳消し!借金を0円にする方法

出家をすれば借金が消える!?

「出家すると借金が消える」という話を耳にした経験はありませんか?

「出家」とは実際にどのような意味合いなのでしょうか。一般的な定義としては、俗世間の生活を離れて僧侶となり、仏の教えに従い修行の道に進むことを指します。必ずしも社会生活から隔絶されるというものではありませんが、これまでの暮らしとはかなり異なるものとなるでしょう。

出家は職業としての進路ではなく、また人生の逃げ道でもありません。あくまでもご自身の意思によるものであるということを十分ご理解ください。こと修行においては、想像以上に厳しい場合もあり、また容易に何かが得られるというものでもありません。したがって、揺るぎない決心が必要となりますが、智源寺は専門僧堂としての歴史も長く、他の僧たちとともに、修行に専念できる環境となっています。

(引用元:松渓山 智源寺ー出家について

出家とは要するに家を出て仏教の道へ進むことです。

簡単にいえば「お坊さんになる」ということです。お坊さんになると次のような生活が強いられます。

  • 五欲を絶つ
  • 坊主にする
  • 名前が変わる
  • 仕事をやめる

このように今ある生活を手放さなければいけません。

上記の中でも「五欲を絶つ」という点に着目をし「結婚できなくなる」「性欲を発散できない」などと悩む人もいます。しかしそのような極端なことはありません。

僧侶も人間です。結婚をして、子供を作る人もいます。車を買ったり、家を買う人もいます。意外にも全てが制限され、失われるわけではありません。

とはいえ、今ある自由な生活を続けることはできません。出家をして僧侶となれば、生活に制限はつきます。

もちろんですが僧侶として、修行をしなければいけません。修行は365日24時間住み込みで、休みもほとんどなく行われます。

出家をして借金を帳消しできても、僧侶として生きるのであれば、厳しい生活を送ることになる覚悟は必要です。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

出家して借金を帳消しにするのは大変

正直な話、出家して借金帳消しするのは、かなり大変です。

多くの人は、次のような問題に差し掛かるでしょう。

裁可印が貰えない

簡単に「出家する」と言っても、お寺の住職に認められなければ僧侶になれません

僧侶になる方法は、いろいろありますが最も簡単なお寺での出家は、かなり大変です。

大半のお寺は僧侶として適正しているのか、見極める期間を1ヶ月〜半年ほど設けています。この見極めをクリアできても、数日間の得度準備講習会を受けなければいけません。講習会は常に半年間は予約でいっぱいの状態。

全てがトントン拍子にクリアできても、最も簡単な裁可印をもらう方法には、半年〜1年ほどの期間が必要になるのです。

また仏教大学や専門学校、通信講座で学ぶ方法を選択した場合は、さらに時間と費用が必要になります。

「出家する」と言っても、かなり長い道のりが待っていることを覚悟しなければいけません。

借金があると断られる

この数年間で出家詐欺の件数は増えました。

葬儀や法事に対する一般の意識が変わって簡素化が進み、経営が行きづまる寺が増えてきた。現在、全国の寺のうち3割ほどが経営悪化の状態という。こうした寺の苦境につけ込んだのが出家詐欺だ。僧侶になるための儀式を得度というが、得度を受けると僧侶としての名前が与えられ、家庭裁判所で簡単な手続きで戸籍上の名前とすることができるこの仕組みに目を付けた詐欺グループが、経営難の寺の住職を巻き込んで多重債務者を次々に別人に仕立て上げ、金融機関から多額の住宅ローンを騙し取っているのだ。

(引用元:JCAST「生臭さ坊主も一枚噛んで「出家詐欺」横行!多重債務者を僧侶に仕立ててローン騙し取り」

上記のように経営に行きづまった寺と詐欺グループが手を組み、出家詐欺を行い、逮捕者が出る問題が多発しました。このようなトラブルもあり、借金のある人は「お寺に迷惑をかける可能性がある」とみられ、出家を断られてしまうことが増えました。

出家をする際には、住職との面談が必要になります。その際に必ず借金の有無が確認されます。

例え、その場しのぎで「ない」と言っても、借金はバレます。嘘がバレれば波紋となり、出家もできなくなります。必ず出家を考えている場合は、借金があることを事前に伝えましょう。

生活が辛い

お寺での生活は意外と過酷です。

年中無休で休みはありません。誰かが亡くなればお葬式をしなければいけませんし、お寺に人が訪れた時の対応もしなければいけません。

毎朝5時〜6時には起きて、その後は掃除をしたり、お経を唱えたり…。一日の業務が終わる時間は21時くらいと遅く、その後も自由な時間はほとんどありません。

朝食は肉類のない精進料理を365日食べなければいけません。

この生活をルーティン化させるまでに、かなりの期間が必要になります。

家族に反対される

出家をする際に、最も多くの人が難点と感じることが家族の反対です。

世間一般的に出家=家族を捨てる、会えなくなるといった印象が強く根付いています。出家に対して間違えた認識をしている人も多く、良い印象はない人も。

そのため自分の家族が出家するとなれば、猛反対されることも。「家族の縁を切る」「葬式には来るな」など、罵声を浴びせる人もいます。

これはご自身の家族との関係や状況、出家に対する印象の違いによって、大きく異なりますが反対される可能性があることも理解をしておくと良いでしょう。

出家後にやめることも可能だが大迷惑に繋がる

出家するまでの間の修行時に辞退をすることは可能です。お寺での生活や修行が厳しく、途中で辞退をする人は借金帳消し目的ではない一般的な志願者の中にもいます。

厳しいお寺でなければ、正直に事情を話せば責められることなく辞められます。

また出家後「一般人に戻りたい」という気持ちが強くなった場合、辞めるとも可能です。

お寺を辞める「還俗」という言葉もあります。

げんぞく【還俗】 出家者が再び俗家にかえること。 罪を犯した出家者が俗にかえるのを還俗,みずから俗生活にかえる場合は帰俗と区別することもある。 律令制下での僧尼は〈僧尼令〉により規制され,その違犯者の刑罰の一つに還俗がある。(引用元:コトバンク「還俗」

出家を認められ、直後に辞めるというのは大きな問題に繋がる可能性もあります。お世話になったお寺や住職に大なる迷惑をかける上に、多方面から避難されるケースも。

そのため出家直後、すぐに辞めることは迷惑ですので、絶対にないようにしてください。

出家は最終手段

出家をすると今ある生活が一変します。仕事はもちろん、生活や家族、交友関係…あらゆるものが大きく変化し、今と真逆の生活を強いられることになるでしょう。

いろいろな点を考えても借金だけを理由に出家を考えるのは、リスクが大きすぎます。

どんなに借金を抱えて辛いと考えても、再構築するための方法は、いくらでもあります。借金額が大きくても死ぬ訳ではありません。

本来であれば、出家は借金を帳消しにするための制度ではありません

仏教道へ進むための手段です。

借金帳消し目的で出家をするのは、仏教道に対する冒涜と捉えられる可能性もあります。

「もう無理だ」と思っても、なるべく出家を考えることは避けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)