全身脱毛でクレカ支払いをするときの3つの注意点

全身脱毛の支払い方法にクレカはあり?

昔よりも全身脱毛は手軽な価格帯になり誰もが利用しやすくなりました。ムダ毛のないツルツルな美肌を手に入れるためにも…

  • これから全身脱毛をしようと考えている
  • 脱毛サロンの乗り換えようと思っている

そんな方々に朗報です。今回は全身脱毛をするときにクレカ決済をする場合のメリット・デメリット、注意点を詳しく紹介していきます。

脱毛サロンの支払い方法

日本全国にある脱毛サロンは9割がクレカ決済が可能です。大手脱毛サロンや美容外科であれば、クレカ決済が100%できます。

脱毛サロンの決済方法は主に3パターンです。

  • 現金一括払い
  • 医療ローン・ショッピングローン
  • クレジットカード決済

大手脱毛サロン、美容外科はほとんどが上記の決済方法を用意しています。これらに加えて、現金分割払い(振込)を設けている脱毛サロンもあります。支払い方法は、各脱毛サロンによっても異なる場合があるので一度確認をしてみましょう。

また稀に条件付きの決済方法を設けている場所もあります。「全身脱毛のみローン可能」「●●万円以上のお会計でクレジットカード決済可能」という感じで条件がある場所も珍しくはありません。これは脱毛サロンの落とし穴。自分が予定している決済方法が使えないのは困るものです。十分に気をつけましょう。

全身脱毛でクレカ支払いを選ぶメリット

まずは全身脱毛でクレカ支払いを選ぶメリットを紹介します。

支払い方法が選べる

全身脱毛は高額です。安い脱毛サロンでも全身プランは20万円以上かかります。医療レーザーを利用する脱毛サロンや美容外科は、格安脱毛サロンよりも10万円以上高い場合もあります。

現金一括払いができれば問題ありませんが、なかなかそういったことも難しいものです。貯金をしてから脱毛に行こうと思っても、ムダ毛は生え続け、ストレスとお肌への負担が積もるばかり。そんなときに便利なのが支払い方法が選べるクレカでの支払いです。

  • 分割払い
  • リボ払い
  • ボーナス一括払い

この中から好きな支払い方法を自由に選べます

また分割払いは2回目までは手数料が無料です。

25歳会社員
来月はボーナスが出るから2回分割にしよう♡

自分の収入や生活に見合った支払い方法が選べる点がクレカのポイントです。

そしてクレカはあとからまとまった支払い方法を分割払いやリボ払いに変更できます。

  • 想像よりも全身脱毛の料金が高額だった
  • 給料が少ない
  • 支払いが難しい
  • 一括で返済できない

このようにあとから「支払い方法を変更したい」と思った場合、クレジットカードの窓口に問い合わせをすれば分割払いやリボ払いに変更できます。支払いをする際に手数料や利息がかかる方法もありますが一括で支払うよりも負担を抑えられます。

一括払いで決済をしたあとで「支払いが難しい」と感じたら、そういった手段をとるようにしましょう。

審査不要

クレカを使う場合、自分の所有しているカードで決済をするので審査は要りません

医療ローンやショッピングローンを新たに組むときは、審査が必要です。ローン会社によっては必要書類や身分証明書の提出が必要なケースもあります。しかし提出品を集めたからといって確実に審査に通る保証はありません

  • クレジットカードや携帯の支払いを滞納した経験がある
  • 過去5年以内に通販の後払いを放置した経験がある
  • ローンをたくさん組んでいる
  • 仕事をしていない、収入がない
  • 保証人を立てることができない
  • 金融事故、債務経験がある

など、脱毛ローンが組めない理由は多数あります。これらの一つでも該当すれば、審査は通りません。

しかしクレカの場合は、そういった審査は一切ありません。「審査に落ちたらどうしよう」と不安に感じる時間も一切ないので、安心して利用ができます。

ポイント付与対象・ポイントが使える

クレカの種類によってはポイントが付与されるタイプがあります。ショッピングモールや提携店で使えるポイント、飛行機のマイル、商品などと交換できるものなど、いろいろなタイプがあります。

使えば、使った分だけポイントが貯まる。そういったクレカを利用すれば還元されます。

23歳フリーター
脱毛の支払いをクレカ決済にしたらポイントが3,000円分ついた!これで欲しかった化粧品をゲットできる♡

クレカのポイントは付与されることでお得に買い物ができるチャンスも訪れます。とくに全身脱毛のような高額商品は、かなりポイントが付与されます。クレカの種類によっては、支払額からポイント分を差し引けるものもあるので、かなりお得に利用もできます。

しかしクレカの種類によっては、提携店以外のポイント還元率が悪いタイプもあります。そういったクレカは、なるべく利用をしなように注意をしましょう。

楽天クレカは100円のショッピングで1円分のポイントが付与されます。1ポイント=1円分として楽天モールで買い物を楽しむこともできます。全身脱毛を楽天クレカで決済した場合、25万円なら2,500円分のポイントをゲットできます。還元率は抜群です。日頃から楽天モールでショッピングをする人は、脱毛を機会に楽天クレカを作ってみるのも良いかもしれません。

全身脱毛でクレカ支払いを選ぶデメリット

全身脱毛でクレカ支払いを選択するとデメリットもあります。

支払い方法によっては手数料がかかる

クレジットカードは支払い方法によっては手数料が発生します。便利な分割払いの場合、2回目までは無料で分割が組めますが3回目以降はかならず手数料が発生します。

※実質年利12.5%のクレジットカードを利用した場合

支払い回数1ヶ月の支払い目安合計手数料支払い総額
1回(翌月・翌々月) 250,000円 250,000円 なし
3回(3ヶ月払い) 1回目85,225円、2回目以降85,000円 5,225円 255,225円
6回(6ヶ月払い) 43,200円 9,200円 259,200円
10回(10ヶ月払い) 1回目26,950円、2回目以降26,400円 14,550円 264,550円
12回(12ヶ月払い) 1回目23,050円、2回目以降22,200円 17,250円 267,250円
24回(24ヶ月払い) 1回目12,450円、2回目以降11,800円 33,850円 283,850円
36回(36ヶ月払い) 1回目10,575円、2回目以降8,300円 51,075円 301,075円
48回(48ヶ月払い) 1回目8,750円、2回目以降6,600円 68,950円 318,950円

トータル上記ほどの手数料が発生します。

支払い回数や手数料を考えたときに、全身脱毛はクレカではなくローンを組んだ方がお得になるケースもあります。自分のクレカの手数料や年利、支払い回数を考え、どちらがお得に利用できるか考えてみましょう。

またリボ払いの場合も利息が発生します。リボ払いは毎月の支払額を一定できるため、支払いの負担を最小限に抑えられます。しかし利息が高く設定されているケースが多く、完済までに時間がかかる場合がほとんどです。

「リボ払いが減らない!」リボ地獄から抜け出す5つの方法

2019.02.17

「リボ払いの支払いが終わらない」「リボ地獄」そういった言葉の通り、リボ払い完済までの道のりは支払い額によっては険しい道のりになります。クレカのリボ払い機能を使って全身脱毛をする場合は、ある程度の覚悟を持って利用をしましょう。

お得にクレカを使うなら「ボーナス一括払い」がおすすめ!
ボーナス一括払いはクレカの支払い機能の一種です。実際にボーナスのない人でも利用ができる支払い方法です。ボーナス一括払いは、夏・冬の決められた期間中に請求が訪れます。(※各クレジットカード会社によって支払い時期は異なります。)この時期までの間、利用分の請求をされることは一切ありません。

支払い時期までにお金を貯めることができていれば手数料0円・無利息で利用をするできます。実際にボーナスが出る会社で勤めている人、支払い時期までに貯金ができる人には最適な決済方法です。

ただし時期によっては次回のボーナス払いまでの期間が短く、負担にしかならない場合もあるので利用前はかならず請求月を事前確認しておきましょう。

ショッピング枠が足らない

クレカを利用する場合、ある程度のショッピング枠がなければ決済ができません。全身脱毛はコース料金が平均25万円〜40万円。高額な脱毛サロンでは50万円以上の料金でコースを提供しているところもあります。いくらであってもまとまった金額を決済できるだけのショッピング枠がなければ、クレカの利用はできません。

クレジットカード会社によっては一時的にショッピング枠を増額できるところもあります。しかし増額をするためには、新たに審査が必要なことも多く、時間や手間がかかります。

ポイント付与されない

クレカの種類によっては提携店での買い物や利用以外、ポイントが付与されない場合があります。またポイント還元率が非常に悪く、高額利用をしても全く意味がないクレカもあります。

脱毛サロンが倒産する場合もある

脱毛サロンや美容外科は倒産する可能性が考えられます。大手エステサロンや美容外科であっても、不祥事や法律違反が原因で突然倒産や店閉じをするケースもよくあります。

2017年3月、脱毛エステの大手であるグロワール・ブリエ東京が特定商取引法違反などで約97億7200万円の負債を抱えて破産申請に追い込まれた。エステ関連業界では史上2番目の大型倒産で、一般会員約11万人が影響を受けて大きな話題となった。

帝国データバンクの調査【※1】によると、理美容業の倒産は17年に151件で、11年(149件)を上回り過去最多を記録した。また、前述のグロワールの倒産もあり、負債総額は138億100万円(前年比252.5%増)と過去10年で最大となった。

負債規模別では、「5000万円未満」が140件と小規模倒産が92.7%を占めている。つまり、中小零細の経営が立ち行かなくなっているということか。今後、理美容業はどうなっていくのか。帝国データバンク東京支社情報部情報取材編集課の伊佐美波副主任に話を聞いた。

引用元:Business Journal「美容院やエステサロン、大倒産時代か…長時間労働&低賃金→高い離職率の悪循環」  

このように突然大手脱毛サロンが倒産に陥るケースは、珍しくありません。過去にも2015年頃、大手脱毛エステサロンM社の倒産や違法営業の関する噂が業界では頻繁に出回っていました。一概に「大手だから安心」という訳ではないのです。

また相手都合で倒産や閉店した場合、返金までにかなりの時間がかかるといわれています。とくにクレカは一番返金に時間がかかる支払い方法といわれており5年以上の時間が必要になることもあります。

もちろん返金対象となるお金は支払った金額のみで分割手数料や利息は戻ってきません。そのため脱毛施術を受けられず、無駄なお金だけを支払い続ける可能性も考えられます。

倒産寸前悪徳脱毛サロンには要注意!
脱毛サロンによっては倒産、破産寸前の場所もあります。そういった場所にはいくつかの共通点があります。

  • 過剰勧誘を行う
  • 商品や製品を押し売りする
  • 現金一括払いを推奨

ほとんどの悪徳脱毛サロンは、契約を一件でも多く取ろうと必死になっています。脱毛知識のない初心者を言葉巧みに勧誘し、無理に契約する危険性の高い脱毛サロンもあります。また倒産、破産寸前の脱毛サロンは1日も早く現金を手に入れるために、支払い方法を現金一括払い推奨にします。

やたらと説明が長い、口説い、しつこい脱毛サロンには十分に気をつけましょう。万が一、そういった脱毛サロンへカウンセリングに行ってしまった場合は「帰って検討します」や「お金ができたらきます」と、言い切って速やかに退出をしましょう。長くサロンにいれば過剰勧誘が行われる可能性があります。退出を第一に考えて行動を起こしましょう。

全身脱毛は平均医療30回・エステ40回の通いが必要

ここまで全身脱毛の決済方法をクレカで行う場合のメリット・デメリットについて説明をしました。全身脱毛の支払いをクレカで済ませることは決して悪いものではありません。しかし全身脱毛の決済方法にクレカを選ぶ場合、さらに脱毛に関する知識や理解を深めていた方が良い判断ができます。

  • 自分が通おうと考えている脱毛サロンや美容外科(医療機関)
  • 全身脱毛で使われているマシーンの種類
  • 脱毛サロンに通う頻度
  • 自分のムダ毛の量

など、自分が選ぼうと考えている脱毛サロンや美容外科、ムダ毛量によってもクレカ払いが得になるか損になるか、変わってきます

通う予定の脱毛サロン・美容外科

全身脱毛ができる場所はいくつかあります。

  • 脱毛サロン(エステサロン)
  • 美容外科
  • 皮膚科、医療機関

この中のどこを選択するかによっても、今後かかってくる金額が大きく異なります。

まず脱毛サロンおよびエステサロンに通おうと思っている場合、メリットは次のような点になります。

脱毛サロンのメリット
  • 料金が安い
  • コースが選択できる
  • 都心部や繁華街にある
  • 予約が取りやすい
  • 痛みが少ない
  • 有名人が広告塔を務めているので安心できる
  • 口コミや評価が多い
  • 脱毛初心者でも通いやすい

脱毛サロンやエステサロンは脱毛初心者に優しい場所です。脱毛に関する説明も丁寧でコースの選択肢も多いことが特徴です。

また脱毛サロンは広告数が美容外科、医療機関(クリニック)の何倍もあります。電車やバスの広告、街頭広告、雑誌やテレビCM、インスタグラムやツイッターなどのSNS広告…あらゆる場所で広告を見かけます。有名脱毛サロンは、渡辺直美さんや神田沙也加さんといった人気有名人を起用して宣伝も行なっています。そういった宣伝効果もあり「ここの脱毛サロンは知っている!」「値段も安いし安全そう」と思う方も多いです。

そして実際に脱毛サロンの名前を検索してみると、山ほどレビューや口コミ、体験談が見られます。実際に足を運んだ人たちの話は、脱毛に不安を感じている人の気持ちを和らげてくれます。そのため「脱毛サロンで全身脱毛をしよう!」と考える人も多いのではないでしょうか。

また実際に脱毛サロンに足を運んでみたり、電話問い合わせをしてみると…感じの良いスタッフが対応をしてくれるため、安心する人も多いと思います。事実、どこの脱毛サロンも有名どころの9割は抜群の接客力を持っていると感じます。もちろん脱毛に関する知識や不安を解消してくれるアドバイスも備えているスタッフが多いので、安心できます。

しかし脱毛サロンには次のようなデメリットもあります。

脱毛サロンのデメリット
  • 完全脱毛をするまでに何度も通わなければいけない
  • 時間がかかる
  • 勧誘が多い
  • 脱毛効果が実感できるまでに時間がかかる
  • 施術を行なっている人が素人

脱毛サロンでは基本的に「光レーザー(フラッシュ式)」を利用します。この脱毛器具は、ムダ毛の元となる毛乳頭にダメージを与え抑毛効果が期待できます。そのためムダ毛の量を減らせても消滅させることはできません

美容外科や皮膚科などのクリニックで利用されている医療レーザーと比較すると効果も少ないです。医療レーザーを所有している場所と比較すると料金は安価ですが効果面でデメリットもあります。

光レーザー(フラッシュ式)は、痛みが医療レーザーと比較してかなり少ないです。痛みに弱い人、ワキ脱毛やVIOのような皮膚の薄い場所の脱毛が苦手な人には、おすすめです。そして痛みが少ない分、肌への負担もかかりにくいといわれています。

ムダ毛が多く、埋没毛や量に悩んでいる人は、かなりの回数が必要になると覚悟もしてください。

また「通い放題」をセールスポイントにしている脱毛サロンの場合、予約が取れにくいデメリットがあります。脱毛は定期的に通わなければ効果が激減します。とくに最初の頃は、光レーザー(フラッシュ式)脱毛は、とくに周期を守らなければ効果がでなくなるので決められたサイクルで通う必要があります。

しかし予約が取れなければ、通うこともできなくなり効果も実感できなくなります。脱毛サロンに合わせて予約日や時間を決めなければいけない可能性もあることを覚えておきましょう。

最後に脱毛サロンの施術は店舗で働くスタッフが行います。脱毛には資格がありません。働いている人であれば、誰でも自由に脱毛器具を使って施術をすることができます。そのため脱毛サロンのスタッフは知識のある素人が施術をしていると考えてください。もしも施術中に火傷をしたり、皮膚がただれるなどの問題が起きてしまったときは、脱毛サロンに相談をするのではなく速やかに皮膚科を受診しましょう。

とはいえ、脱毛サロンのスタッフは非常に丁寧な対応を行なってくれます。サービスもクリニックと比較するとよく、施術後のお冷やしや火照りを抑えるクリームやお茶を用意している脱毛サロンもあります。充実した対応やスタッフの人柄を求めるならば、脱毛サロンの方が良いケースも多いです。

脱毛サロン(エステサロン)は料金が安く、痛みが少ない、スタッフ対応が丁寧でも、そういったデメリットがあります。しっかりとそういった点を踏まえて場所選び、クレカ決済をするかの判断をしましょう。

ニードル脱毛器を利用するサロンには要注意!
脱毛サロン(エステサロン)によっては「ニードル脱毛」と呼ばれる手法を行う場所があります。ニードル脱毛とはムダ毛を1本ずつ抜き、毛根に電気を流して毛母細胞を破壊する施術です。全て手作業で脱毛を行うため時間がかなりかかります。レーザー脱毛と違い、日焼け肌やホクロの上のムダ毛も施術ができるメリットがありますが肌を痛めるリスクが高く非常に危険な施術になっています。今から10年以上前の脱毛方法としては主流でしたが、現在ニードル脱毛を行う場所はかなり少ないです。もしニードル脱毛を行う場所を選ぶ場合は肌への負担やリスクも考えたうえで、決断をしましょう。

次に美容外科、皮膚科、医療機関などのクリニックで全身脱毛をする場合のメリット・デメリットの紹介です。

医療機関のメリット
  • 脱毛効果がある
  • 短期間で完全脱毛ができる
  • トラブルが起きたときに速やかに対処をしてもらえる

美容外科、医療機関(クリニック)で利用されている脱毛器具は「医療レーザー脱毛」と呼ばれるものです。医療レーザーは毛乳頭を破壊し抑毛する効果が期待できます。つるつるすべすべな肌を目指す場合は、非常におすすめです。

医療レーザー脱毛は、塗る麻酔の利用ができます。近年別料金で塗る麻酔を用意している美容外科、医療機関(クリニック)も多く、脱毛が苦手、痛みが弱い人でも利用しやすくなりました。

光レーザーと比較するとやはり痛みは強いため「辛い」と感じる人も多いです。しかし効果は抜群。光レーザーよりも10回以上早く脱毛を終わらせることもできます。

また美容外科、医療機関(クリニック)での脱毛となるため、万が一肌トラブルや問題が起きてしまった場合、速やかに対応をしてくれることもポイントです。肌管理や他の施術も並行して行える利点もあります。

医療機関のデメリット
  • お冷やしがない場合がある
  • ケアやサービストークがない

脱毛サロンと違って美容外科、医療機関(クリニック)はお茶出しやアフターケア(クリーム施術)などのサービスはほとんどありません。施術と簡易的なお冷やしのみを行う場所がほとんどです。拭き取り作業は行なってもらえますがケア商品の紹介なども行わない場所がほとんどです。セールスが好きな人には物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ムダ毛量が多いなら医療・ムダ毛量が少ないなら脱毛サロン

ここまで脱毛サロンと医療機関で使う器具やサービスの違いについて説明をしてきました。「全身脱毛でクレカ決済をしよう」と考えていても脱毛をする場所が決まっていない場合。自分のムダ毛量を見てどちらが適しているか考えると良いかもしれません。

  • ムダ毛量が多い→美容外科、医療機関、クリニック
  • ムダ毛量が少ない→脱毛サロン

また通う回数の量や時間を決める判断材料にするのもOKです。まずはどこで脱毛をするか、しっかりと事前に決めましょう。

全身脱毛クレカ支払いの注意点

次は全身脱毛をクレカで支払う場合の注意点を紹介します。

クレジットカード会社によっては利用できない

脱毛サロンや美容外科は、利用できるクレカの種類が限られているケースが多いです。VISA、Master、JCBの3社は利用できてもアメリカンエクスプレスは利用ができない場所は多いです。逆にVISAが使えない、JCBが使えないといった脱毛サロンや美容外科もあります。

脱毛サロン名利用可能クレジットカード
ミュゼプラチナムVISA・MASTER(※その他は店舗によっては利用可能)
脱毛ラボVISA、MasterCard、JCB、AMEX
銀座カラー店舗によって異なる
キレイモVISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナース
品川美容外科VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナース、DC、楽天、セディナ、銀聯、ディスカバー、他
湘南美容外科VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナース、DC、楽天、セディナ、銀聯、ディスカバー、他
アリシアクリニックVISA、MasterCard、JCB、AMEX
恋肌VISA、MasterCard
エピレVISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナース

このように利用ができるクレカは大きく異なります。かならず事前にチェックをして行くようにしましょう。

今後のクレカ利用を考える

ショッピング枠が少ない人が全身脱毛をクレカ決済した場合、今後の支払いや引き落としができなくなる可能性もあります。

30歳会社員
ショッピング枠30万円のクレカで28万円の全身脱毛を契約。残り2万円の中から生活費や携帯代の引き落としができず困りました。

分割払いで支払いを続けていますがショッピング枠および分割・リボ変更額もほぼ満額まで利用してしまったので、クレカが使えない生活を送っています。慌ててショッピング枠の増額申請も行いましたが満額まで利用した直後だったので審査落ち…結果的に増額ができずな状況になりました。

生活費や携帯代の支払い方法変更にも時間がかかり、本当に面倒なことをしちゃったな〜と後悔しています。

後先を考えずに利用をすると、クレカが利用できなくなる可能性もあります。クレカで決済をする場合は、利用を計画的に行いましょう。

部分脱毛や都度払いでクレカを使うのは便利!

全身脱毛はクレカ決済をする場合、上記で紹介した通りデメリットもいくつかあります。全身脱毛はある程度のまとまった金額が必要になるため、上記で紹介したような問題が起こる可能性があることも仕方ありません。

しかし部分脱毛や都度払いの場合はクレカ利用は有効です。脱毛サロンや医療機関(クリニック)によっては、部位脱毛、都度払いコースを設けている場所があります。

  • 全身脱毛後に気になる部位だけ施術を追加したい
  • あと数回だけ通いたい
  • 頻繁に通う必要はないがたまに脱毛をしたい
  • ヒゲや顔のみ脱毛したい
  • 気になる部位のみ脱毛をしたい

そういった人におすすめの脱毛方法。これを利用する場合、全身脱毛と違いローンを組む必要はありません。ほとんどの人は現金払いまたはクレカ決済で支払いを行います。部位によって金額は異なりますが安い部位(脇やVIO)は、数千円から1万円前後の金額で施術が受けられます。太ももや腕も2万円から7万円前後の金額で施術ができます。

金額が大きすぎない施術の場合は、クレカを利用しても大きな問題に発展することはほとんどありません。そのためこれらを利用するときはクレカを利用しても良いかもしれません。

クレカが使える有名脱毛サロン比較

クレジットカードが利用できる脱毛サロンは現在増えています。

脱毛サロン名脱毛器具タイプクレジットカード全身脱毛料金都度払い脱毛サロンエリア評価人気
ミュゼプラチナム光脱毛(エステ)567,000円×全国170店舗★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
脱毛ラボ光脱毛(エステ)159,980円全国★★★☆☆★★★☆☆
銀座カラー光脱毛(エステ)382,000円×全国50店舗★★★☆☆★★★☆☆
キレイモ光脱毛(エステ)259,350円×全国★★★☆☆★★★☆☆
品川美容外科医療脱毛1,600,760円全国★★★☆☆★★★★☆
湘南美容外科医療脱毛34,8000円全国★★★☆☆★★★★☆
アリシアクリニック医療脱毛554,400円×17院★★★☆☆★★★☆☆
恋肌光脱毛(エステ)359,400円×25店舗★★★☆☆★★★☆☆
エピレ光脱毛(エステ)344,700円×14店舗★★★☆☆ ★★★☆☆

とくに有名な脱毛サロン、美容外科、医療機関(クリニック)は、100%クレカを利用できます。ただし上記項目でも紹介した通り、クレカの種類によっては利用ができない場所もあります。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)