5分でわかる!アイフル解約手続き方法

アイフル解約の条件は借金の完済

アイフルの解約は条件として借入金を完済している必要があります。解約前までに全額返済をしていれば問題ありません。

もし今現在、少しでも借金が残っている場合は一括返済をするのもOKです。

一括返済では借入残高+一括返済をする日までに生じる利息を支払うことが条件になっています。支払いができる日程が決定したら専用ダイヤルに一括返済の依頼連絡を入れればOKです。

アイフル専用ダイヤル

0120-109-437

営業時間:平日9時から18時・土日祝日は休業

支払い方法は普段と同じで店頭支払、専用ATM、提携ATM、指定口座への振込の中から選べます。専用ATMや提携ATMの場合、おつりがでないこともあります。そういった場合は後日銀行振込、郵送、店頭支払いにて返金してもらえます。

一括支払いの場合、手数料や利息の端数が残ってしまう可能性があります。しっかりと端数込みの金額を専用ダイヤルで確認し、解約手続きを行いましょう。

アイフルの解約をする方法

アイフルの解約方法は電話または店頭で行う2パターンがあります。

電話でアイフルの解約を行う方法

完済をしている場合、電話で「解約したい」と伝えれば、すぐに手続きを行ってもらえます。アイフルは契約書の返却を受け取ることが解約手続きの条件になっているため、店頭受け取り、自宅郵送、アイフルで廃棄の3つの中から選択をする必要があります。好きな方法を選び、伝えましょう。

もし借金を完済していない場合は、今後の返済から解約についての相談を受けてもらえます。解約までの道のりを担当者と話し合って決めましょう。

店頭でアイフルの解約を行う方法

店頭で行う場合は必ず本人確認書類(運転免許証など)・ローンカード・印鑑を忘れないように気をつけましょう。これらを忘れてしまうと解約手続きが行えません。

店頭ではスタッフが解約案内を行ってくれます。必要書類に印鑑を押し、契約書の返却を受け取れば解約手続き終了です。

借金を事前に完済していれば15〜20分前後で手続きを終えることもできます。より早く手続きを行いたい場合は、あらかじめ店舗に解約手続きに行くことを伝えておくと良いでしょう。

アイフル店頭営業時間

営業時間:平日10時から18時・土日祝日は休業

年末年始やゴールデンウィークは店頭営業していません。アイフルの場合、営業時間は全店舗共通です。カレンダー通りのお休みの人や営業時間中に行くことができない人は電話で解約手続きを行う方が良いでしょう。

完済証明書(解約証明証)は貰いましょう

アイフルを解約する際に完済証明書を発行してもらえます。これは必ず受け取りましょう。

完済証明書は今後ローンを組む際に必要になる場合があります。また完済証明書があると何かトラブルが発生したときの証明にもなります。

解約について伝えた際には担当者に「完済証明書を発行してください」と伝えましょう。

アイフルを解約する前に!

アイフルは解約後、下記のようなデメリットがあります。

  • 解約後に再度利用したい場合は再審査が必要になる
  • 信用情報から契約内容の削除は時間がかかる
  • 急な入用が訪れた際に気軽にお金が借りられなくなる

アイフルは解約後、顧客情報がリセットされます。

なのでアイフル解約後に「やっぱりアイフルでまた融資を受けたい」と思った場合は、再度審査を受ける必要があります。もちろん審査に通れば融資は受けられますが、アイフルの契約手続きを再度一から行わなければいけません。過去にやったことを再度行わなければいけないので、完全に二度手間になります。

もし今後も急な入用やお金が必要になりそうな状況が訪れる可能性がある場合は、一度アイフルの解約を検討した方が良いです。勤務先が変わったり、生活状況が変われば、解約後に再度審査を受けても落ちてしまう可能性も考えられます。「もしも」の状況が想像できるならば、解約については考え直してください。

また信用情報機関が保有する登録情報から「契約内容の削除」が行われます。これにより与信枠に関する情報も削除されます。与信枠の情報が消えればクレジットカードの審査が通りやすくなったり、住宅・自動車ローンが組みやすくなります。これは非常に魅力的です。

しかし契約内容の削除には時間がかかる場合もあります。アイフル解約手続き直後、すぐに情報が消えるわけではありません

そのためアイフル解約直後に新規クレジットカード申し込み、住宅・自動車ローンの審査を受けた場合でも落ちてしまう可能性があります。正確な削除のタイミングや期間は明確ではありませんが、新規でローンなどを組む予定がある場合は、ある程度の余裕を持っておいた方が無難です。

もしアイフル解約後「信用情報の登録が消えたか確認をしたい」と思った場合は、信用情報機関に情報開示請求を行いましょう。信用情報機関は1,000円前後で登録情報の開示を行ってくれます。アイフル解約後に開示をすれば「解約」や「完済」といった言葉が登録されます。

「解約」や「完済」といった言葉があれば、新規クレジットカード申し込み、住宅・自動車ローンの審査は問題ありません。信用情報が不安な場合は、一度自分で開示を行うことも視野に入れて考えておきましょう。

アイフル解約後はメリットもあり。よく考えて解約を決めるべし!

アイフルは解約後に下記のようなメリットがあります。

  • 借入癖や借金癖が治る
  • クレジットカード、ローンの審査が通りやすくなる
  • 信用情報に良い影響がある
  • 信用情報から情報が削除される

金銭感覚が狂っていたり、浪費癖が治らずに悩んでいる人にとって消費者金融の契約を切ることは非常に効果的な治療法になります。「借金をなくしたい」「借金を作りたくない」そういった人には、非常におすすめです。

しかし前述にも書いた通り、アイフル解約後は再度審査が必要です。突発的にお金が必要になった際に、辛い思いをする可能性も考えられます。その点を理解しておく必要もあります。

とはいえ、信用情報に良い影響が与えられたり、メリットもたくさんあります。新たな生活を送るための第一歩を踏み出すには、非常に良い区切りになります。今ある借金を完済できたらアイフルの解約も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)