困ったときにおすすめのキャッシング

キャッシング実質年率 最短審査時間 契約限度額詳細
アイフル3.0%~18.0%/30分/800万円以内・最短即日融資 ・配達時間指定でアイフルなら誰にも知られずにカード受け取り可能 ・ご利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は収入証明書は原則不要
プロミス 4.5%~ 17.8%/1時間(融資)/500万円・プロミスなら最短即日融資で最初の30日間は無利息なので、お金が欲しい時の急な出費でも気軽に利用できます。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要

お金を返せないとどうなるの?友達・金融・銀行返せない人の末路

お金が返せないとどうなる?

お金が返せないとどうなるのか。今回はお金が返せなかったときの末路を紹介します。

友達から借りたお金が返せないケース

友達から借りたお金が返せない場合、高確率で友情が壊れます

「数千円しか借りてないしいいだろう」「1万円を借りただけだから」と安易に考えていた場合でも、返せなければ友情が壊れる可能性はあります。

またお金を返さなかったことが原因で共通する友人や知人たちに「お金にルーズな人間」と言いふらされる可能性も考えられます。人によってはSNSに個人情報やお金の貸し借りを行う経緯が書かれたLINE(ライン)のトーク画面のスクリーンショットをSNSに晒し、拡散されるケースもあります。

お金の価値観は人それぞれ違います。どんなに少額でもお金に違いありません。

相手との関係に亀裂を入れたくなければ、しっかりとお金を返しましょう。

もし借りたお金が返せない状況に陥ってしまった場合は、返せない理由を説明し返済期間を決めて相手に全額返済をするプラン説明をしましょう。必要な場合は、契約書のようなものを用意して支払いができなかったときの対処法も書いておくと良いでしょう。信頼関係を崩さないように、しっかりと支払いをする話を進めましょう。

「金の切れ目は縁の切れ目」という言葉の通り、お金が原因で縁が切れてしまうケースは珍しくありません。相手との関係を悪くしないためにも、しっかりとお金を返すための話をしましょう。

消費者金融から借りたお金が返せないケース

消費者金融から借りたお金が返せない場合、連絡をする・しないによっても大きく、その後の結果は変わります。

「お金が返せない」とわかった時点で返済遅延の連絡をすると、担当者から延滞金、返済予定日などの説明をされます

もし「返済ができる目処が立たない」「返済額が高額すぎてお金が返せない」という場合は、返済回数を増やし、返済額を低くしてもらうお願いもできます。これは状況によっては、認められないこともありますが相談は無料でできます。完済をするためにも、しっかりと相談をして無理のない返済プランを立てましょう。

そして返済遅延の連絡をしなかった場合、手紙や電話で消費者金融より何度も催促されます。携帯電話の連絡をスルーしたら、自宅や職場に電話がかかってくることもあります。この時点で「借金があること」が周囲にバレる人も非常に多いです。

また手紙や電話での催促連絡を無視してしまったら、自宅に消費者金融の取り立て担当者が訪問します。大体支払いを無視し続けて、1ヶ月が経過した時点で担当者は自宅訪問を行います。訪問される場合、借入の金額は一切関係ありません。少額でも返済をしなければ、自宅に担当者は訪れます。

自宅訪問する時間は、昼間はもちろん夕方から夜まで担当者が自宅前で待ち続けています。ただし、取り立て可能な時間は夜の20時頃まで。それ以降は自宅の前で待ち続けられません。

担当者は借入した相手と会えば、その場で返済の話が進められます。闇金融のように怖い話をされたり、脅されることはありません。「今後返済遅延をしない」という約束をするための誓約書と返済計画書へのサインを求められるだけです。返済計画書を書く際に、無理のない返済を行うための相談も受けられます。

もし「お金が返せない」という状況に陥ってしまったら、この場でしっかりと相手に相談を行いましょう。

また担当者が借入した相手と会えなければ、最終的に裁判所に訴えられます。滞納から2ヶ月〜3ヶ月の間、借入した相手と連絡が取れなければ裁判所に訴える準備が行われます。

裁判所に訴えられた場合、「給与の差し押さえ」と「全額返金」のどちらかが行われます

「給与の差し押さえ」は、その名の通り給料を全額差し押さえられてしまうこと。せっかく働いても、お給料が受け取れない状況に陥ります。給与の差し押さえの場合、お給料の七分の一が差し押さえの対象になります。当然ながら、借金をしていることが会社にもバレます。会社によっては全員に借金があることがバレてしまうケースも。

また「全額返済」になってしまった場合、一括で借入額を返済しなければいけません。とはいえ、これは非常に厳しい話です。こうなってしまったら弁護士に相談をして、分割払いまたは債務整理の話を進める以外の方法がありません。

こういった状況まで陥入れば、ブラックリストに名前が追加される可能性が高く、新規借入は困難。新たに借金を作ることもできません。苦しい生活を送ることを覚悟してください。

どんな状況に陥っても、借金を踏み倒し逃げることは至難の技です。安易に「お金が返せないから借金を踏み倒そう」とは考えないようにしましょう。

銀行で借りたお金が返せないケース

銀行で借りたお金が返せない場合も連絡をする・しないによって状況が大きく異なります

連絡をした場合、消費者金融と同じように返済に関する相談を聞いてもらえます。返済回数を増やしたり、返済額を減らすなど、完済のための計画を考えてもらえます。遅延損害金(延滞金)は、かかってしまいますが迷惑をかけずに返済ができる方法を一緒に考えてもらえるのは心強いものです。

そして連絡をしなかった場合、消費者金融と同じで催促の連絡が届きます。電話、手紙、自宅訪問。ここまでは同じです。違うのは債権者が銀行から保証会社に切り替わることです。

特定人(債務者)に対して、一定の給付をなすべきことを請求しうる者。(引用元:コトバンク「債務者」

お金が返せない状況が続くと保証会社が銀行に債務を支払う「代位弁済」という仕組みに切り替わります。ここで切り替わった時点でブラックリストに「金融事故あり」と登録されます。代位弁済が行われた時点でブラックリストに約5年間名前が掲載されると考えてください。

また代位弁済に切り替わっても返済義務は、なくなりません。催促され続けます。もちろん、この催促を無視すれば消費者金融と同じように、裁判所に訴えられ財産の差し押さえや給与の差し押さえが行われます

借金の返済義務は5年後には、時効が成立するといわれています。しかし5年間の間、苦しい思いをする人がほとんどです。もし「お金が返せない」とわかったら、その時点で手を打つようにしましょう。

お金が返せないと悩む前に

お金が返せない!そんな状況に陥ってしまったら、どうしたらよいか悩むと思います。

お金が返せないと悩む人には2パターンがあります。

お金を返せないような苦しい状況に陥ったとしても、決して諦めずに最低額の支払額で踏ん張り続ける人

お金が返せないと諦めて、支払いを辞めてしまう人

自分がどちらのパターンの人間に属するかは、人それぞれです。自分がどちらの人間なのか、見極めることもお金がない状況から抜け出す手段につながります。

「お金を返す気持ちはある!」しかしお金が返せない!

結論から言うと「決して諦めずに最低額の支払いで踏ん張り続ける人」は、お金が返せない状況からいずれは抜け出すことができます。少額でもしっかりと返し続ける人は、9割が諦めずに最後まで完済できます。もちろん遅延せずに少額でも返済を続けられれば、ブラックリストに名前が載ることもありません。金融事故を起こした扱いにもなりません。

今と変わらずローンを組んだり、家族や周囲の人に迷惑をかけずに生活を送れます。

もし今現在、お金が返せないと焦っているならば、まずは借りている場所へ相談の連絡をしましょう。具体的で無理のない返済プランの相談ができます。生活に支障をきたさない返済ができれば、お金が返せない苦しい状況も逃れられます。

お金を返す気がなくなってしまった

度重なる利息、減らない返済額に心が折れてしまった人。「お金が返せないから踏み倒そう」「お金を返すことを諦めよう」と思ってしまったら、その時点で数年後の将来についてを考えてください。

まず借金を踏み倒したら差し押さえが自分の身に訪れる覚悟をしてください。差し押さえられるものは、給料、車、土地、住宅、貯金…自分の財産となるものです。これらを手放したとき、自分にどのくらいの負担がのし掛かるのか一度想像をしてみましょう。

またこれらの財産を保有しながら借金を踏み倒すには、夜逃げをしなければいけない覚悟もしてください。誰にも知られることなく、どこかへ逃げてしまえば、足がつくことはありません。しかし夜逃げをすれば、周囲の人に多大な迷惑がかかります。他にも自分名義で賃貸物件が借りられない、携帯の契約ができない、定職に就けないなどのデメリットもあります。

今ある生活を捨てる覚悟をしなければいけません。

人間関係が崩れてしまう可能性も考えられます。家族や親族にも迷惑をかける場合もあります。子供がいれば、将来奨学金を借りられないケースも考えられます。

借金を踏み倒すことは、大変な生活を送る覚悟を決めなければいけません

このような最悪の状況に陥らないためにも、まずは借入先に連絡を入れましょう。それでも「お金が返せない」と思ったら弁護士に相談をしましょう。イストワール法律事務所は、無料で借金に関する相談を受けてくれます。債務整理に関する相談も初回は無料で相談を受けてもらえます。

自分で解決できない悩みは、専門家に頼ることが一番です。一人で悩む前に、まずは専門家の力を借りましょう。質問や疑問点、相談を受けてもらえるので、今の状況を抜け出せることに違いありません。

お金が返せない人を助けるボランティアには要注意

「お金が返せない」というキーワードでネット検索をしてみると、無料ボランティアの支援サイトがいくつかヒットします。

ボランティアのほとんどは任意団体です。任意団体は、法人格のない人たちです。簡単に説明をすると同窓会やサークル、町内会と同じです。そういった人たちの開催する借金に関するボランティア活動は、9割が金儲け目的です。自分たちボランティア団体が儲けるために、お金が返せない人たちをターゲットに活動をしています。

ボランティアの活動内容は、各団体によって異なりますが「債務整理の手伝い」「無料で相談を聞く」といった内容がほとんどです。

またよくある事例が「格安弁護士の紹介」です。

ボランティア団体
他の法律事務所や弁護士さんに相談をすると高額な費用を請求されます。当ボランティア団体が紹介する格安弁護士なら高額な費用は必要ありません。格安でお金が返せない状況が抜け出せます。

このように勧誘を行います。また話を進めていくうちに「過払金請求もしてほしい」とお願いされる場合もあります。過払金請求を断ると、手のひらを返したように「それなら今回の話はなかったことに」と言う人たちもいます。

弁護士を紹介するタイプのボランティア団体は、ほとんどが弁護士事務所や企業からの紹介料を貰っています。数万円単位の報酬を受け取っているボランティア団体もいます。

そして恐ろしいのが借金返済を理由にお金をだまし取ろうとするボランティア団体です。

ボランティア団体
あなたの代わりに借金返済の手続きをしてあげます。債務整理、借金返済、難しい専門用語を勉強する必要は一切ありません。全て任せてください!その代わりに私たちの団体にお金を支払ってください。

彼らの手口は依頼者に代わって手続きを行う。その代わりに、弁護士への支払い費用や債権者に対する支払い金を払って欲しいというもの。しかし支払いを終えた時点で彼らは逃げます。もちろん弁護士や債権者への手続きや支払いは一切行われていません。結果的にお金を騙し取られてしまうというものなのです。

ボランティアと偽っている彼らは、巧みな話術に甘い謳い文句を使い、交渉をしてきます。お金が返せない苦しい状況に陥っているとき、手を差し伸べられると思わず心が揺れるものです。

彼らの正体はボランティアではなく詐欺師です。詐欺の被害に遭ってしまえば、犯人が逮捕されてもお金が戻ってくる確率は極めて低いです。こういった最悪の状況を避けるためにも、ボランティアと名乗る人たちの元には行かないように気をつけましょう。

万が一、彼らのような悪質性の高いボランティアの被害に遭ってしまった場合は、弁護士と警察に相談へ行きましょう。

借金が返せないときはプロに相談が一番

借金が返せないと感じたら、一人で悩むよりも前に弁護士や専門家に相談をしましょう。借金は返済しなければ、減ることはありません。しかしどうしてもお金が返せない場合、借金をなくす方法も存在しています。

自分で調べるよりも先に、まずはプロに相談をしてください。解決への第一歩が歩めれば、今ある生活は楽になるに違いありません。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)