ガチでお金を貯める方法を暴露!低所得者でも1年で100万円貯金する15の方法

低所得でも1年で100万円のお金を貯めることは可能!

毎月の手取りが15万円から22万円。自由に使えるお金がほとんど残らない…そんな状況の人もいると思います。

「お金を貯める余裕なんてない」「どう頑張っても100万円の貯金は夢の話」そう考える前に、まずは100万円を貯める方法を行いましょう。どんなに1ヶ月のお給料が少ない低所得者の人でも1年で100万円の貯金をすることは可能。お金を貯める方法は難しいものではありません。厳しいのは最初の1ヶ月のみ。最初さえクリアできれば、その後の11ヶ月は余裕です。

それでは早速1年で100万円のお金を貯める方法を紹介します。

1年で100万円のお金を貯める15の基本ルール

1年で100万円のお金を貯めるためにも、ここで紹介する基本ルールをかならず守りましょう。「ルールを守れなければ罰金1,000円」など自分を追い込むための特別ルールを儲けるのも有効です。

お金を貯める方法1.お財布には最低限のお金しか入れない

お金を貯めるためにも、常にお財布の中には必要最低限のお金だけをいれるようにしましょう。

  • 仕事に出かける日は交通費と食事代のみ
  • 遊びに出かける日は1万円まで
  • 買い物にいくときは2,000円だけ

このように最低限のお金だけをお財布にいれるように。お財布にお金が入っていると「小腹が空いたからお菓子を買おう」「カフェで新作のコーヒーを飲もう」「タバコが無くなりそうだから1箱余分に買っておこう」など余計な買い物をしがちです。本来は必要ない買い物は、お金が貯まらない原因になります。毎日120円のジュースやコーヒーを買い続ければ1ヶ月で3,600円の無駄な出費に。

必要最低限のものだけを買う生活に切り替えるためにも、お財布には必要な分だけのお金を入れるようにしましょう。またお金の使い方が下手な人や現金があると使いすぎてしまう人は、1日1回電子マネーに使う分だけをチャージすると良いです。電子マネーはどこのお店でも使えるわけではないため、お店を選ばなければ買い物ができなくなります。その上、チャージしている金額以上の買い物ができないため、使いすぎを防止できます。

お金を貯める方法実践中は、なるべくお金を使わないためにも、とにかくお金を持ち歩かないように注意しましょう。

お金を貯める方法2.クレジットカードの使い方を考える

クレジットカードは便利な道具です。キャッシュフリーで買い物ができるうえに、ほとんどのネット通販では代引き手数料なしでお得に買い物ができます。クレジットカードの種類によってはポイントが貯められるので、上手く使えば非常に便利な生活の手助けアイテムになります。

しかしクレジットカードを使いすぎてしまうと、1ヶ月の出費が恐ろしいことになります。分割払いやリボ払いをすれば、手数料が膨らみ、本来払わなくても良いはずの料金まで加算されます。便利な道具ではありますが、使い方次第では悪魔にもなるクレジットカード。

お金を貯めるうえで重要なのは、クレジットカードの使い方です。しっかりと使い方をマスターすれば、クレジットカードで失敗をすることはありません。

クレジットカードを使う場合は、リボ払いや分割払いは行わない公共料金や携帯代などはまとめて支払いができるように設定をする飲食店や商店での利用はなるべく避けるように心がけることがポイント。

どんなときでも我武者羅にクレジットカードを使うのはよくありません。上記のルールを儲けることで、使いすぎを防止できるうえに無駄使いを避けられます

また支払い金額確定後、支払い期日よりも前に事前振込でクレジットカードの支払いをするのも、お金の管理をするうえではポイントになります。自動引き落としだと使っている感覚がないため、お金の価値を見失う可能性があります。金銭感覚や使っている実感を得るためにも、手間にはなりますが振込形式で支払いをしましょう。

そしてクレジットカードを複数枚使っている場合は、一枚にまとめましょう。面倒ではありますがまとめることで、支払日が一日になります。お金の管理をスムーズに行うためにも、早めにまとめておきましょう。

お金を貯める方法3.シンプルな生活を心がける

素朴でシンプルな生活は浪費を防止できます。浪費家や収集癖がある人は、自宅がもので溢れています。

  • ものが多すぎて収納が追いつかない
  • コレクションしているものが置きっ放し状態で埃まみれになっている
  • 部屋のスペースが足りずものを飾れない
  • 部屋が常に散らかっている
  • インテリアにまとまりがなく、自室が落ち着かない空間になっている
  • 無料でもらったサンプル用品などが溢れている
  • 生活用品のストックが大量にある
  • カラーボックスなどにむき出し収納をしている

こんな経験はありませんか?少しでも当てはまれば要注意。

お金が貯まらない人は散らかし癖があります。片付けられない人はものへの執着心が強く、捨てられない、なんでも買ってしまう癖がついています。なんでも買ってしまう癖は、お金を貯める方法の大敵。余計なものや不用品を買えば、その分無駄にお金を使うことになります。そのお金を貯金できれば、一体いくらになったでしょう?

無駄遣いを避けるためにも、まずはシンプルな生活を心がけましょう。シンプルな生活とは質素な生活。必要最低限のものに囲まれて暮らす生活です。

「何個も同じものを買わない」「本当に必要と思うもの以外は買わない」「使わなくなったものやいらないものは捨てる」この癖をつけるだけでも、驚くほどにお金が貯まります。買い物がストレス発散という人やフィギュアやカードをコレクションしている人には、少々難しいことですが、徐々に行なっていけば問題ありません。

食品類も同じです。最低限の食材を買えば、残飯や賞味期限きれを避けることもできます。

お金を貯める方法4.給料の2割を貯金する

現段階のお給料に満足をしていなければ厳しい可能性はありますが、1年で100万円のお金を貯めるためにも、お給料の2割は貯金をしましょう。20万円の人は4万円、18万円の人は36,000円。かならず毎月貯金をしてください。

貯金の方法はなるべく自分の目的に合わせて考えましょう。

将来のために貯金をする自動積立定期預金
子供の学費や養育費のため学資保険、普通預金
欲しいものを買うため普通預金、貯金箱
なにかあったときのため、万が一に備えて貯蓄預金、普通預金

金利が付きお得に貯金ができる方法もあります。自分の目的に合わせて、貯金方法はしっかりと考えましょう。

またお給料の2割を貯めるのが難しい場合、100万円貯金の期間を1年ではなく2年、3年に伸ばして考えるのも良いです。どんなに期間が伸びても、毎月かならずお給料の2割を貯金できれば、それだけでもお金を貯める大きな一歩につながります。大切なのは少しでもお金を貯めることです。一気に大金を増やすのが難しければ、徐々に時間をかけてお金をかけていきましょう。

お金を貯める方法5.家計簿をつける・お金の管理をする

お金を貯めるうえで欠かせないのが出費を把握することです。毎日どのくらいの出費があるのか、食費や交際費など1日でどのくらいのお金を使っているのか、とにかく細かくお金の管理をしましょう。

そこで欠かせないのが家計簿です。家計簿とは収入や支出を記録し、まとめるもの。1日、1ヶ月でどのくらいの出費があるのか、確認ができます。家計簿は文房具屋や書店で手に入ります。また最近は家計簿アプリも出ているので便利です。

お金を使ったらメモをする、レシートは捨てずに保管、持ち帰って家計簿に記入する。この流れをこなせれば、お金の管理は完璧です。家計簿をつけると無駄な出費に気が付けたり、出費を抑える工夫ができたりします。毎日記入する癖をつけて、節制しましょう。

お金を貯める方法6.自炊メインの生活をする

お金を貯めるには節約は必須。いまの自由な金銭感覚で1年に100万円を貯めることは不可能。節約をしなければいけないと考えてください。そこでポイントになるのが食費の節約。食費は一番削れる部分です。ダイエットをしながらお金を貯める方法にチャレンジをする人は「食べなければ良い」と考えるかもしれません。しかし人間は食事をしなければ病気になるリスクが高くなり、食欲やストレスでドカ食いしやすくなるため、かえってお金がかかる場合も。どんな状況であっても「食べない節約」は避けるようにしましょう。

やはり食費を一番簡単に削る方法は、自炊です。自炊をする際、1週間分の買い物をまとめて買うようにしましょう。まとめ買いをすれば、無駄遣いや食材を腐らせるリスクを避けられます。食品ロスは無駄です。それを避けるためにも、1週間分の献立を事前に考えましょう。

野菜類を購入するときは腐りにくい根菜やきのこ類をチョイスするのもポイントです。購入後は腐りやすい部分を除去、小分けにして冷凍保管、冷蔵庫の風が弱まらないように整理整頓など、細かいことにも気をつけましょう。小さいことですが、この気遣いが節約につながります。

また自炊ばかりはストレスが溜まります。仕事で疲れ帰ってから調理をするのは、心身共に疲れます。そのため10日に1回くらいのペースで外食をする日や自炊をしない日を作りましょう。自炊以外をしない日は、気分転換にもつながるため、ストレス緩和効果も期待できます。適度に休みながら食事バランスを考えましょう。

お金を貯める方法7.1ヶ月の生活費を決める

貰ったお給料の使い方をしっかりと決めて、有意義にお金を使うプランを立てましょう

例えば月のお給料が手取り20万円の人の場合、このような使い方ができます。

家賃50,000円
光熱費10,000円
通信費(携帯代、ネット代)15,000円
食費30,000円
交際費30,000円
生活費10,000円
美容代・その他(趣味)15,000円
貯金40,000円

交際費、美容代、生活費、その他(趣味代)は、自由に使えるお金です。この中で生活に欠かせない備品や消耗品の購入も行わなければいけませんが、ここをさらに節約することもできます。貯金でストレスを感じない程度に、お金の使い方バランスを考えてプランを立てましょう。

1ヶ月の生活費が決まっていると、無駄遣いを防止することができます。お金を貯めるうえでお金の管理は重要ポイント。しっかりとお給料全額の使い道を把握できるような気持ちで、確認をしましょう。

そして1ヶ月の生活費を決める場合は、決定日を作りましょう。「毎月25日は来月のお金のプランを立てる日」「給料日前に予定を照らし合わせながらお金のプランを決める」と、予定や収入のバランスを見ながらプランを決められる日をつくると便利です。

この際に、先月や今月の家計簿をみながら出費の確認をするのも有効。自分のお金の使い方の変化も同時確認することができます。1時間でも良いので、プランを決める日を作りましょう。

お金を貯める方法8.特典に釣られない

買い物に出かけると「2点買うと1点おまけでついてくる」「今だけ無料」「4点買えば超お得」といったポップを目にする機会があります。衣類、食品、サービスなど、さまざまな場所で特典付きの商品を見かけます。特典付きの商品は、お得感満載で魅力的。期間限定や数量限定だと「急いで買わなければ」という気持ちになります。しかし特典付き商品は要注意が必要

そもそも特典付き商品に付いてくる特典は、今現在必要なものなのでしょうか?購入前によく考えてください。

「ストックしておけば便利」「無くなり次第、購入するから」「今すぐには不要だけど使うかもしれない」など、かならずしも必要なものでなければ購入は避けましょう。どんなにお得なものであっても、使わなければ意味がありません。不要なものを増やす必要もなければ、余分なものを買って出費を増やすのは無駄です。絶対に特典に釣られて購入をすることは避けましょう。

また「現在無料で提供しています」というものにも要注意。休日のショッピングセンターや家電量販店に行くとウォーターサーバーやスマホアプリ、食品配送サービスなど、あらゆるサービスや商品が期間限定で無料提供されています。「無料なら〜」と契約や購入をしてしまうと、今後お金が発生する場合があります。無料提供がセールスポイントの商品は、ほとんどが後でお金がかかる仕組みになっています。無料は非常に魅力的な言葉ですが、無料よりも恐ろしいものはありません。安易にセールストークに乗らないように気をつけてください。

お金を貯める方法9.毎月かかる出費の見直しをする

毎月必要不可欠な出費。スマホ代、インターネット料金、ガス、電気代など。生きて行く中で必要な支払い。もしかすると今よりも安く済ませることができるかもしれません。プラン変更、機種変更、他者乗り換えなど、料金が数千円でも安くなるか、確認をしてください。毎月の出費が少しでも軽減できれば、金銭的に余裕が生まれます。少しでも貯金額をあげたり、自由に使えるお金を増やすためにも、かならず料金の確認は行なってください。

料金見直し注意点
料金プランの変更や機種変更、乗り換えをする場合、違約金などの料金がかかる可能性があるので、注意しなければいけません。総合的にかかる料金の合計を確認して、問題がなければ変更をしましょう。

また変更をする際に新たな商品やサービスの営業をされる可能性があります。不要なものは、かならず断り無駄な出費を増やさなようにしましょう。

お金を貯める方法10.手数料のかからない時間にATMを利用する

お金を貯める人は無駄な出費を最低限に抑えます。商品の価格設定が高額なコンビニは利用しない銀行ATM以外は使わないなど細かいことを徹底します。とにかくお金を貯めるためにも、無駄遣いを徹底的に控えられるように生活をして生きましょう。そこで最初に重要になるのがATMの使い方です。

ATMを使う場合、コンビニを使わず銀行を使う。またコンビニ、銀行両方共にATMは手数料がかからない時間帯のみ使いましょう。ATM手数料は1回108円〜216円と安いですが、これもチリが積もれば山となり、気づいた頃にはかなりの金額に。無駄な出費を増やさないためにもATMは手数料がかからない時間帯のみに利用しましょう

お金を貯める方法11.お金を貯める目標を明確にする

目標もなく、ただ単純にお金を貯め続けることは至難の技。元々貯金をする癖がついている人ならば問題ありませんが、貯金が苦手な人やお金が手元にあればすぐに使ってしまう人には、かなりの困難。少しでもお金を貯める苦しさを軽減するためにも、まずは目標を明確に立てましょう。

  • 引っ越し費用を貯めたい
  • 将来なにかあったときの蓄えにする
  • 子供の進学費用や養育費
  • ブランドバックの購入代
  • 海外旅行に出かける

どんな些細なことでも良いので、まずは目標を立てましょう。挫折しそうになったとき、目標があれば気持ちの支えになります。「お金が貯まったらこんなところに行ける」「100万円貯めたらこのバックを買おう」「年金の支払いをしていないから将来が不安だけど貯金があれば問題なし」このように自分を支えるきっかけになります。

気持ちを安定させるためにも、まずはお金を貯める目標を明確にしましょう。お金を貯めている中で「やっぱり違うことに使おう」と目標変更をするのはOKです。どんなことでも良いので理由を作ることが重要です。

お金を貯める方法12.ネット通販をしすぎない

自宅にいながら必要なものをすぐに購入できるネット通販。大手ショッピングモールアマゾンや楽天は、即日配達サービスも行なっており、注文時間によっては当日すぐに欲しいものが届きます。非常に便利なため「外に行くのが面倒」「すぐに手に入れたい」そんなときは、このサービスを使いたくなります。

しかしネット通販はお金を貯める方法実践中には不向きです。理由はクレジットカードの使いすぎの原因につながったり、手数料を支払わなければいけないからです。代引き配送を希望する場合、300円から1,000円の手数料が発生します。またショッピングモールによっては、送料が発生します。

大手ショッピングモール以外の通販サイトは「5,000円以上で送料無料」「10,000円以上で送料無料」など、金額設定を設けています。そのため送料を無料にするため、無駄な買い物をすることに。お金を貯めるために努力をしている最中に、無駄な出費を増やせば、全て台無しです。あまりネット通販には頼らない生活を送りましょう。

お金を貯める方法13.安物ばかりで済ませない

安物は大半が壊れやすくできています。衣類、電化製品、家具、雑貨…どんなものも安い商品には安い理由があります。単純に型落ちした商品であれば問題ありませんが、粗悪品や安い素材で作られていたり、壊れやすい可能性があります。安物ばかりを購入すると買い替えの時期も早くなり、結果的に出費がかさみます

高級品がかならずしも良いわけではありませんが、安くて壊れそうなものは買わないようにしましょう。できるだけ相場価格のものを購入できるようにしましょう。

とくに100円ショップでばかり買い物をする人も要注意。100円ショップは安くて便利な道具が数多く揃っています。ダイソーやキャンドゥーなど大手の100円ショップは、オリジナル商品も多く頑丈で壊れにくいものも多数あります。便利で使える100円ショップですが、行ってしまうと無駄なものを買ってしまう人も多いのでは?

「簡単りんごの皮むき機」「おいしい高級岩塩」「お弁当箱」など、あれば使うかもしれないが事前に必要とは考えていなかったものを買ってしまうのが100円ショップの落とし穴。100円ショップの醍醐味は豊富な品揃えとコスパの良さです。しかし不要なものばかりを買って、無駄な出費を増やしては意味がありません。100円ショップに出かける際は、必要なものだけを購入するように心がけてください。

また食材も安すぎるものは、賞味期限が近かったり、傷んでいたりします。安い食材を購入する場合、使い切りのタイミングを考えたうえで購入をしましょう。食品ロスは一番もったいないことです。自分の献立を考えながら食品を選びましょう。

冷蔵庫の買い替えも視野にいれる
新しい冷蔵庫は食品の保管に長けています。傷みやすい食材や安い食材でも、普通の冷蔵庫よりも長持ち保管が可能です。また省エネモード搭載の冷蔵庫を購入すれば電気代も節約できます。

お金を貯める方法14.お茶休憩は月2回まで

お金を貯めるためには、カフェに行く頻度を減らす必要があります。ちょっと一息つきたいとき、たばこを吸いたいとき、無料WiFiで作業をしたいとき…なにかと便利なカフェ。美味しいコーヒーやデザートも取り揃っているので、思わず「あれもこれも食べよう」とウキウキします。疲れを癒すスポットとして利用する人もいるのではないでしょうか?

そんなカフェは、無駄遣いしやすい危険スポット。お金を貯めるタイミングでは、あまり好ましくない場所です。

どんなカフェでも料金設定はお高め。飲み物と場所代を考えると無難ではありますが、ドリンクとデザートなどの食事類を頼めば合計料金が1,000円を簡単に越します。「カフェはご褒美として、月2回まで」このように毎月カフェに行っても良い回数を決めておきましょう。行き過ぎには十分気をつけましょう。

お金を貯める方法15.人付き合いは回数制限を!

お金を貯める中で一番辛いことが人付き合いです。

  • 友達と遊ぶ時間が好き
  • 会社の同僚と飲みに出かける時間がストレス発散
  • 恋人とデートしている時間が楽しい
  • ライブで思いっきりはしゃぐのが

など、誰かと過ごす時間に一番の幸せを感じる人も多いと思います。親しい仲の友人や仲間と話ができる時間は、ストレス発散になり、良い気分転換にも。しかし人付き合いはお金がかかります。飲食代、交通費、出かければそこでの費用など…なにかとお金がかかります。

1年間で100万円お金を貯めると決めたら、少し辛いですが節約をしながら人付き合いを行いましょう。高いお店に行き過ぎない、遊びすぎない。この2点を守ればお金を貯めながら人付き合いも円滑に行えます。

また仲が良い人には思い切ってお金を貯めていることを伝えるのも有効です。「お金を貯めているからなるべく安く済ませたい」この一言を伝えるだけでも、大きく変わります。しっかりと人付き合いも行い、ストレスフリーでお金が貯められるようにしましょう。

お金を貯める裏技・上級者編

お金を貯めるうえで我慢や節約は必須です。毎日の終わりにお財布に入っている小銭を貯金箱に入れて、翌日に新たに使っても良いお金を入れたり、一工夫をすればお金が貯まりやすくなります。しかし地道にお金を貯めるのではなく、早くサクッと大金を貯めたいと考える人もいると思います。そんな人におすすめなのが投資です。

投資とは、主に経済において、将来的に資本を増加させるために、現在の資本を投じる活動を指す。広義では、自己研鑽や人間関係においても使われる。 どのような形態の投資も、不確実性が伴う。一般に、投資による期待収益率が高い場合、不確実性も高まる。(引用:ウィキペディア

投資には、いくつかの種類があります。最近人気なのは仮想通貨、FX、株式投資、不動産投資。このほかにも投資にはいくつか種類があります。【貧乏卒業】お金の増やし方基本編!すぐにお金を増やせる5つの実践法ネットビジネス初心者でも楽して月収50万円を超える5つの方法の記事でも紹介しましたが、投資で成功するには勉強は必要不可欠。しっかりと知識を身につけて、損をしないように考え、ビジネスとして挑戦しなければいけません。そのため投資をするには、膨大な時間と努力が必要になります。

しかし投資の勉強は仕事をしながら片手間でもできます。投資だけで生計を立てている人の中には、元サラリーマンで毎晩独学で勉強をし、脱サラ後に投資家なった人もいます。「自分にもできるかもしれない」「新しいことに挑戦したい」「ビジネスを成功させたい」と考える気持ちがあれば、投資に挑戦をしてみるのも良いでしょう。

また投資には資金が必要です。投資資金がなければ、投資をすることはできません。資金用意目的でお金を貯める人もいると思いますが資金が貯まっている頃には、挑戦しようと考えていた投資ビジネスが衰退している可能性もあります。もし「すぐにでも投資したいビジネスがある」「挑戦したいビジネスがある」ならば、今すぐに資金調達をしてでもはじめましょう。

投資はスピードが重要です。スピードが早ければ、結果もその分早く戻ります。投資をしていると、あっという間に100万円単位のお金を手に入れる人もいます。挑戦する投資ビジネスの種類によっても異なりますが、基本的には全て結果が早い段階で出ると考えて問題ありません。

しかし投資に使うお金は数十万円から数百万単位が基本。「そんな余裕はない」「現状でお金を作れない」という人もいると思います。そこでおすすめなのがキャッシングです。消費者金融が提供しているキャッシングサービスは、銀行融資よりも審査がゆるく、簡単に貸し出しができます。金利も付きますが借入金額が低ければ、微々たるものです。

まずはキャッシングで資金を用意して、数万円単位から投資に挑戦してみましょう。この状況でビジネスに挑戦すると「お金を借りてまで挑戦したんだから絶対に失敗はできない」とプレッシャーを感じ、慎重に成功への道が歩めます。確実に投資で成功したい、すぐにお金を貯めたいときには便利な手段のひとつです。

【まとめ】お金を貯める方法は誰にでもできる

お金を貯めるには、いろいろな方法があります。お金を貯めるためにお給料の良い仕事に転職をするのも手段です。また出費を抑えて貯金額をあげるために、引っ越しをしたり、生活費の見直しをする人もいると思います。節約をして、お金が貯まりやすい環境を作る。それこそがお金を貯める最短の道のりです。

どんな人でもお金を貯めることはできます。途中で挫折をしなければ、誰でも100万円を貯められます。

  • 今現在、支払いに終われ数百万円の借金を背負っている
  • 膨大な奨学金がある
  • 収入が低く年間で100万円を貯める自信がない
  • 浪費癖がなおらずに困っている

そんな人でも、状況や考え方が変われば確実に100万円を貯めることはできます。お金を貯める、貯めないは全て自分次第です。

考え方を改め、今ある状況を改良し、確実に100万円を貯められるように努力しましょう。少しの努力が自分の明るい未来につながります。徹底して頑張りましょう。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です