【貧乏卒業】お金の増やし方基本編!すぐにお金を増やせる5つの実践法

今日からできるお金の増やし方!貧乏卒業編!

  • 貯金が無い
  • 周りと比較して貯金額が1桁少ない
  • お金が欲しい
  • 自由に使えるお金を増やしたい
  • 遊びにお金を当てたい
  • 目標や夢を叶えるためにお金が必要
  • 大金を手にしたい!

どんな理由でも「今よりもお金を増やしたい!」と、誰もが思うでしょう。そこで今回は、お金の増やし方を紹介します。

「今あるお金が倍以上、増える」考えただけでも、わくわくしますね。今回、紹介をするお金の増やし方は、難易度が高いものもあります。しかし「きっとできる」「自分なら大丈夫」と自分に自信が持てれば、確実にお金を増やすことはできます。

お金の増やし方を学ぶにあたり基本を確認しましょう。最初はお金の増やし方の基本となる10個のポイントについてです。

お金の増やし方の基本!10個のポイント

お金の増やし方の基本を習得できれば、自然とお金が増える生活を送れます。お金持ちの人は普段の生活の中で、これらの方法を実践しています。彼らと同じ生活を送るためにも基本を学ぶことが重要。

最初のステップとして、お金の増やし方の基本を覚え、現在の自分の状況と照らし合わせを行いましょう。きっと自分が貧乏な理由がわかるはずです。

①どうしてお金を増やしたいのか明確にする

ただ単純に「お金を増やしたい」と漠然に考えているだけでは、数十万、数百万、数千万単位のお金を増やせません。そこで自分がどうしてお金を増やしたいのか理由を明確にしましょう。

  • 奨学金の返済をしたい
  • ローンやクレジットカードの支払いを0にしたい
  • 老後の貯金をある程度作っておきたい
  • 企業のための資金がほしい
  • お金で不自由をしたり不安な気持ちになりたくない
  • 子供の学資金を貯金したい
  • 自己投資したい
  • 家族に不自由な生活を送らせたくない
  • ローンを組まずに一括で車や家を買いたい
  • 預金口座にプラス100万円入れたい
  • 仮想通貨の購入、運用をしたい

このように具体的な理由を考えてみましょう。そして理由を考えたら、お金を増やすためのプランニングを行いましょう。プランニングを立てる上で大切なのが「目標期間」「目標金額」です。これが決まれば、具体的にどうやってお金を増やすか考えられます。

②毎月の収入と支出を把握する

毎月の収入と支出を把握していますか?お金の増やし方の基本を学ぶ前に、まずは自分の毎月の収入と支出を把握しましょう。

「自由に使えるお金がある」「貯金以外に投資に使えるお金がある」など、お金に余裕があればお金の増やし方のバリーエションも広がります自分が自由に使えるお金=お金を増やすための資金と考えてみると、無駄な出費も抑えられるかもしれません。

またコンビニやスーパー、飲食店のレシートは取っておきましょう。細かい出費の把握ができれば、無駄遣いを抑えることもできます。

③怪しい情報商材には手を出さない

世の中には「簡単に稼げる方法」と称した怪しい情報商材がたくさん出回っています。販売価格は1万円前後。一度購入をすると、さらに高い数十万円単位の高額な情報商材を押し売りする悪徳業者も存在しています。

悪徳業者から情報商材を購入すれば、お金の増やし方を成功させるどころか、出費がかさみお金がなくなるばかりです。無駄遣いをしないためにも、絶対に怪しい情報商材には手を出してはいけません。

魅力的で簡単にお金を増やす方法が書かれた情報商材。「スマホで1日5分操作をするだけで毎日10万円ゲット」「副業で100万円がかならず貰える」「毎日タップするだけでOK」こういった内容のビジネスは、100%稼げません。美味しい話には裏がある…しっかりと考えを持って

④整理整頓を行う

整理整頓ができる人は、仕事ができるといわれています。仕事は物事を効率よくこなせる人の方が高く評価されるものです。職業や作業内容によっても、異なりますが大半の仕事は効率重視。効率が悪いと要領も悪くなり、時間にルーズでだらしない人になる可能性もあります。仕事ができないとレッテルを貼られる可能性も。自然と整理整頓ができるように努力しましょう。

整理整頓のポイント

  • 財布の中にレシートをためない
  • ゴミをこまめに捨てる
  • 不要な書類やものは捨てる
  • 毎日掃除をする
  • 元ある場所にものを片付ける癖をつける
  • ペーパーレスを心がける

整理整頓ができると、何事も丁寧に取り扱う性格になるといわれています。どんな仕事でも丁寧にこなせると、評価や作業効率があがります。投資や資産運用を行う際は、慎重な見極めが必要です。このときに丁寧な仕事ができていれば、正確な見極めをすることもできます。整理整頓の癖をしっかりとつけて、仕事効率もアップしましょう。

⑤わからないことは調べる

「ggr(ぐぐる)」という言葉が一般化している今の時代。誰でもスマホやパソコンを使って、簡単にわからないことが調べられます。

ググるとは、俗に、検索エンジンのGoogleで検索することである。英語圏でも「ググる」と同じく、動詞として、「Googleで検索する」という意味で「google」の語が用いられている。2001年頃に登場し始めた表現とされ、後に代表的な英語辞書のひとつであるウェブスター英語辞典にも収録され話題となった。(引用元:ぐぐるとは – IT用語辞典 Weblio辞書

自分でわからないことを調べる癖がつけば、仕事効率のアップにもつながります。わからないことを調べるハードルは年々低下しています。辞書を引く必要はありません。インターネットでわからない言葉を検索すれば回答は出てきます。もし専門的な言葉を調べたい場合は、本を調べるのも有効です。

「わからないことは調べる。」その癖をつけましょう。お金の増やし方実践法には、かなり難易度の高い方法も出てきます。「難しいからいいや」「わからないからできないだろう」と諦めるのは厳禁。「できる!」と自分を信じて、まずは挑戦しましょう。

⑥時間を守る

時間が守れない人は、お金の増やし方で効率よく順調にお金を増やし続けることはできません。「一時的にお金を増やそう」と考えている場合は、関係がないかもしれません。永遠にお金の増やし方を実践して、たくさんお金を稼ぎたい!そう考える人は、絶対に時間を守る習慣をつけましょう。

時間を守ることはビジネスでは必要不可欠です。お金の増やし方はビジネスです。「●時から●時まではビジネスタイムに費やそう」と、時間を決めて作業をすることも重要です。非効率に仕事を続けるよりも、効率よく仕事ができるようにしていきましょう。

⑦具体的な目標を作る

お金が貯まらない人は、具体的な金額を明確にして貯金をすることができないという特徴があります。これと同じでお金の増やし方でも重要になるのが具体的な目標を作ることです。具体的な目標とは、お金の増やし方を成功させるためのプランにもつながります。

目標月収入プラス目標金額方法
9月2万円 仮想通貨を開始する
10月5万円 仮想通貨・投資を開始
11月10万円 仮想通貨・投資
12月15万円 仮想通貨・投資

このように現実できる範囲内で具体的な目標を作りましょう。この目標の作り方は、別の手段でもOKです。自分がわかるように、具体的な数字と目標達成できる期間を決めて予定と計画を立てましょう。また予定を立てる際に資金や時間が必要な場合は、それも合わせてメモを残しておきましょう。

お金の増やし方を成功させるには、計画を立てることは重要。安全で確実にお金を増やすためにも、計画を立てじっくり作戦を練っていきましょう。

⑧一攫千金を目指さない

一攫千金を目指すのは現実的ではありません。最近よく「仮想通貨ビジネスで1ヶ月1億円も夢じゃない!」といった、目を引くタイトルの情報商材や専門書が目立ちます。しかし今現在、仮想通貨で1億円稼ぐには数百万円の資金が必要です。そういった一攫千金が目指せる夢のあるタイトルは、あまりにも現実離れしすぎています。

お金の増やし方を探していると、大金を稼げる方法にばかり目がいきます。ただ現実的に大金を稼ぐ方法は、難しいものばかりです。自分の状況を考えたうえでも、難易度レベルの低い方法からチャレンジができるようにしましょう。

自分の状況や現実的に難しそうなものにチャレンジをすると、返ってお金が激減する可能性もあります。お金を増やす方法はリスクを背負わなければいけないものもあります。十分に気をつけるようにしましょう。

⑨資金を用意する

⑧で紹介をした、一攫千金を目指さないという心得。しかしお金の増やし方を学びたいと考える9割の人は「大金を稼ぎたい」「お金持ちになりたい」「金持ちになって仕事をやめたい」「豪遊したり思いっきり遊びたい」と考えていると思います。実際に筆者もお金を増やす方法を実践する前は、そういったことばかり考えていました。

現実的に「どうやったら大金を手に入れられるのだろう?」と考え、いろいろ調べたときに出た結果が大金を手に入れるには、それなりの資金も必要という回答でした。資金とはお金を増やすための元になるもの

自分の知識やビジネスの範囲を広めるために、資金は必要不可欠。無料で開始できる方法は100万円くらいまではお金を増やせても、膨大な努力や自主学習ができなければ億単位のお金を手に入れるのは非常に大変。そこで手っ取り早くお金を手に入れるためにも、資金を用意して、ビジネスや学習費用として投資をしましょう。

資金はお金を増やすための栄養。もし数百万、数千万、億単位のお金の増やし方を実践したいのであれば、まずは資金を用意してください。

もし資金を用意することが現実的に難しければ、一時的に消費者金融から融資を受けるのもOKです。消費者金融は、新規登録者であれば利息0円で初回は借入ができる場所もあります。お金の増やし方の資金調達目的で一時的に借入をする人は非常に多いです。お金の増やし方を実践すれば、すぐに返済も可能。大金を手に入れるために、そういった自己投資方法もあることを頭の片隅に入れておきましょう。

⑩仕事ができる人になる努力を怠らない

正統派のお金の増やし方といえば、仕事を頑張ること。ほとんどの企業では、仕事ができる人はお給料をたくさん貰っています。とくに大手企業でバリバリ働く人たちやベンチャー企業で業績を伸ばしている人たちは、仕事ができるから評価されている人たちです。彼らのように仕事ができるようになるために、努力をすればお金は必然的についてきます。

昇格システムや給与アップのない職場の場合「仕事を頑張っても意味がない」と考える人も多いと思います。しかしそんな職場でも精一杯仕事を頑張れば、次の職場で高く評価される可能性があります。

また努力は自分のスキルアップに直結します。できなかったことができるようになったり、効率よくスピーディーに作業をこなせたり、自分のためになります。仕事で得た経験や知識は、役立つこともあるので、お金の増やし方のヒントにつながることも。

どんな場合であっても、仕事ができる人になるための努力は怠らないようにしましょう。

お金の増やし方〜実践編〜

知識を身につけたら、次はお金の増やし方実践法です。実践法は10種類あります。これの中で自分が「できる」と思う方法を実践しましょう。

①ギャンブル

  • 今ある所持金を倍以上に増やしたい
  • すぐに結果を手に入れたい
  • 運試しをしたい
  • 増えればラッキーくらいの気持ちでお金を増やしたい

お金の増やし方で最も簡単な手段がギャンブルです。ギャンブルは競馬、競輪、競艇、パチンコ、宝くじ、ロトシックスいろいろな種類があります。近い将来、日本でもカジノができるようになるという話です。どんなギャンブルでも早い段階で結果がわかるため、効率の良いお金の増やし方です。

しかしギャンブルは、かならず稼げる手段ではありません。賭け金が全て無駄になる可能性もあります。そして運が全てを左右します。運が悪ければ大金を手に入れることができず、運が良ければ全てを失うことになります。全てが運次第。

そしてギャンブルは一歩間違えると依存症になります。ギャンブル依存症になれば、ギャンブルなしでは生きられない体質になります。どんなに負けても「次は勝てる」「最初は勝てていた」と、勝つことに執着し続けてしまいます。資金がなくなっても、ギャンブルを続けてしまうため、借金をする人も。

ギャンブルでのお金の増やし方にはリスクがつきものだと思ってください。

難易度★★★★(超簡単)
スピード★★★☆(やや早い)
稼ぎレベル★★☆☆☆(運次第)
安全度★★☆(高い)

 

②投資・FX

「今あるお金を増やしたい」そんな人には、投資・FXがおすすめ。投資とは利益を増やすために事業などに資金を出すこと。そして近年サラリーマンの副業といえば「FX」。電車やweb広告がたくさん溢れているため、誰もが一度は目にした経験がある言葉かと思います。そんなFXも実は投資の一種です。FXは外国為替証拠金取。外国の通過を売買して利益を出す投資です。

そんな投資やFXはお金の増やし方に最適な方法。近年の投資といえば、仮想通貨ブームの影響で「企業投資やFXをやっている人自体が激減した」といわれています。しかしやっている人は減っていても、投資やFXはお金の増やし方に最適な手段であることに違いはありません

ただし投資やFXは知識がない状態ではじめることは、おすすめできません。一般社団法人日本FX教育機構のような場所で学習をした方が確実に稼げます。お金の増やし方は着実に成功への道のりを歩むことが重要。そのためにも投資やFXに関する基本知識をしっかりと勉強しましょう。

勉強期間に少々時間消費は必要ですが、それができればお金は倍以上増やせるに違いありません。しかし投資やFXは大金を賭けて失敗する人もいます。十分に気をつけましょう。

難易度★★★★☆(難易度高)
スピード★★☆☆☆(ややかかる)
稼ぎレベル★★★★☆(高い)
安全度★★★☆☆(普通)

 

③エンジニアに転職

現在の職業は稼げていますか?生業にしている仕事が稼げなければ、元も子もありません。お金の増やし方を探している人の中には、基本としている仕事の給料が稼げないから探している人も多いと思います。そこでおすすめなのが稼げる仕事に転職することです。

稼げる仕事は代表にシステムエンジニアがあります。システムエンジニアの重要は今後10年以内に倍以上に増えるといわれています。システムエンジニアの年収は800万円〜1300万円が平均といわれています。仕事内容はややキツイですが、特別な資格も少なく、現場で活躍できる人が重宝します。

しかしシステムエンジニアになるには、ある程度の知識と実績が必要になります。そこで手っ取り早くシステムエンジニアになるためにも、エンジニアスクールに登録をするのが最適です。スクールに登録をすれば、基本学習やシステムエンジニアになるためのノウハウ、就職活動サポートを行なってくれます。

もしお金の増やし方にあてる資金があるならば、将来につなげるための自己投資をするのも有効です。お金の増やし方は、目先だけではなく将来的な面も考えてみると視野が広がります。

難易度★★☆☆☆(やや高め)
スピード☆☆☆(時間がかかる)
稼ぎレベル★★★★☆(かなり稼げる)
安全度★★★★(超安全)

 

④民泊運営

テレビニュースや情報番組でも話題の民泊運営。民泊運営とは、自分が所有する空き部屋や空き家を使って宿泊施設の運営を行うこと。宿泊施設といっても、ホテルや旅館のようなサービスを行う必要はありません。空いている部屋に知らない人を泊めてあげるくらいの感覚でOKです。

  • 家の近くにゴルフ場ができたので使っていなかった家を民泊にした
  • 子供が成人して出ていったので空き部屋を民泊にした
  • 二世帯住宅だったが親家族が亡くなったので民泊にした

どんな理由やきかっけで民泊をはじめても問題ありません。民泊はお金の増やし方には最適な方法です。営利目的でスタートしても問題ありません。

ただし民泊運営を行う場合、届出が必要です。行政機関が発行する届出を提出、その後審査などが行われ、問題がなければ民泊が開始できる流れになります。民泊施設は届出を出さずに運営すると違法行為になります。かならず民泊をはじめる際には届出を出して正しい方法で行いましょう。

近年、外国人観光客が増えています。そのため都心部だけではなく郊外の宿泊施設の重要も高くなっています。「地方で空き家を所有している」人はビジネスチャンスかもしれません。

難易度★★☆☆☆(やや難しい)
スピード★★☆☆☆(少しかかる)
稼ぎレベル★★★★☆(かなり稼げる)
安全度★★★☆☆(安全)

 

⑤仮想通貨

仮想通貨はインターネットを通じて使える新しいお金。仮想通貨はインターネットを通じて利用できる、これまでにない新しいお金です。近年テレビニュースやweb広告でもかならず目にする機会があるといっても、おかしくない仮想通貨。そんな仮想通貨は、国内外の専門取引所で円やドル、ユーロなど各国の法定通貨と交換することができ、一部のお店では商品やサービスの支払いに利用できます。

また特定の政府や中央銀行が発行、管理をしていないので、理論上、有事や金融危機などに価値が暴落しにくいと言われています。2009年に仮想通貨の代表「ビットコイン」が誕生し、その後は急速に普及。今ではビットコイン以外にも1,000種類以上の仮想通貨が存在します。仮想通貨は、これまでできないとされていた「財産の移転」を、金融機関など第三者を介することなく行うことができます。そのため海外への送金や支払い時の決済手数料などを低く抑えることができます。(※法改正される可能性もあります。)そのため仮想通貨の登場は「インターネット以来の革命」と言われました。

日本国内では「仮想通貨」という呼称が定着していますが、海外では一般的に「暗号通貨」と呼ばれています。そんな「通貨」に投資をする時代が訪れたと言われています。

お金の増やし方を成功させるためにも、仮想通貨ビジネスは非常に有効

ビットコインをはじめとするこのまったく新しい通貨は、現在多くの取引所で売買をすることができます。そして、誕生以来右肩上がりでその価値が上昇しています。インターネットが世の中を一変させ、AmazonやGoogleのような世界的企業が台頭したとき、早期にこれらの企業に投資していた人は、大きな利益を享受することができました。例えばAmazonの株は、1998年には5ドルでしたが、20年後の今では260倍(1300ドル)となっています。

仮想通貨も同様です。仮想通貨に日本人の注目が一気に集まった2017年12月以降、初期投資をしていた人の中には、億を超える莫大な資産を築くことができた人もいます。すでに多くの人が仮想通貨投資を始めていますが、仮想通貨の実用化という点においては、まだスタートラインにも立っていない状況です。これから価値のある仮想通貨やその関連技術に注目が集まり、関連サービスの実用化が広まれば、さらに価格が大きく上昇していくフェーズになるはずです。

また仮想通貨ビジネスをはじめる前にかならず知っておきたい知識が法定通貨・電子マネーとの違いです。

法定通貨と仮想通貨の違い
円やドル、ユーロなどの従来の法定通貨と仮想通貨の大きな違いについて、2つのポイントを挙げることができます。1つ目は、「発行主体の有無」という点です。法定通貨は明確な「発行主体」が存在しています。例えば、1万円札には「日本銀行」券と記載されており、この場合の発行主体は日本銀行です。そのほか、ドルやユーロ、人民元など、海外の法定通貨もそれぞれ各国の中央銀行が主体となっており、その信用のもとに通貨としての価値が維持されています。しかし、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨の場合、このような発行主体が存在しません
また2つ目として「発行上限の有無」があります。法定通貨には発行上限がないので、各中央銀行の金融政策いかんで通貨の発行がコントロールされます。多くの通貨が発行されれば発行されるほど、その通貨の価値は相対的に下がり、インフレが発生する可能性があります。しかし仮想通貨には発行上限があらかじめ決められており、例えばビットコインは約2100万BTC以上を発行することができません。なお、一部の仮想通貨には発行主体があるものもあります。
電子マネーと仮想通貨の違い
仮想通貨と電子マネーは、「目に見えない通貨」という点では共通しています。どちらも現金を持っていなくても、スマートフォンなどを利用してお店などで支払いをすることが可能です。しかし、「Suica」「nanaco」「Edy」などの電子マネーには、法定通貨と同じように、それぞれJR東日本、セブンカードサービス、楽天Edyなどの発行主体があります。他方、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨の場合は、発行主体が存在しません。(一部例外を除く)
また、電子マネーは価格が変動せず、1000円チャージをすると、必ず1000円分の支払いで利用できます。しかも仮想通貨の場合、価格が変動するので1000円分の仮想通貨を購入しても、しばらくすると1050円の価格になるともあれば、950円の価格になってしまう可能性もあります。さらに、仮想通貨は自分のウォレットから、ほかの人のウォレットへと資金を移動することができますが、電子マネーは基本的に個人がお店など企業に対して支払うものと想定しており、個人間でのお金のやりとりはできません。このように電子マネーの本質は法定通貨である円を使いやすいように管理しているものといえますが、仮想通貨の場合はそもそも円でもドルでもない新しい通貨ですので、まったく別ものといえます。

電子マネーと仮想通貨の間には、そのほかにも「ポイント付加の有無」「投資対象であるかどうか」「支払い先の入金のしくみ」といった違いが見られます。電子マネーと仮想通貨は一見似ているように見えて実際は全くの別ものなのです。

この基本知識を得ていれば仮想通貨ビジネスは問題なく行えます。ただしお金の増やし方として本格的に、仮想通貨ビジネスに挑戦する場合は、勉強も必要です。仮想通貨に関する知識をある程度、理解したうえで挑戦をしましょう。

難易度★★★☆☆(普通)
スピード★★★☆☆(普通)
稼ぎレベル★★★★☆(やや稼げる)
安全度★★★★☆(やや安全)

 

お金の増やし方は「焦らない」がポイント!

すべてのお金の増やし方は、焦らないで着実に増やせるようにすることが重要です。焦って資金を全額使い果たし、なにもない状態になれば元も子もありません。お金を確実に増やしたいならば、とにかくじっくり。時間をかけて焦らないでビジネスに挑戦しましょう。

また大金を得るためには、投資や仮想通貨のように資金が必要なお金の増やし方を実践するのが最適です。自由に使えるお金や資金に当てられる額が大きければ、大きいほどビジネス成功の近道につながります。

しかし資金が足りない状況、現状で自由に使えるお金がない場合。そんなときは思い切ってキャッシングをすることも視野にいれましょう。キャッシングと聞くと「借金を作るの!?」と焦る人もいると思います。その考えは間違いではありません。

ただしこの場合のキャッシングは、将来的にお金を増やすための資金集めと考えましょう。

日本の企業の約6割は、銀行融資を受けて成り立っています。とくに新規でビジネスをはじめようとしている企業やベンチャー企業は、9割が銀行融資を受けています。銀行融資は借金です。借金を作ってでも企業は「利息分を取り返せる見込みがある」「事業を拡大できる」「稼げる」と見込み、融資を受けるのです。

どんなビジネスもこの考えと同じです。今ある現状よりも豊かな暮らしを送るために投資は必要。ビジネスを成功させるため、キャッシングをすることも視野にいれておきましょう。

5年後までに1000万円目標でお金の増やし方を考える

お金の増やし方は、いろいろな手段があります。今回紹介したもの以外に、預金や投信積立、不動産投資、純金積立など、あらゆるものが存在しています。

どんな手法でも「お金の増やし方」を実践する場合は、5年後までに1,000万円を増やす目標を立てると良いです。5年後までに1,000万円と聞くと少々厳しいように感じる人も多いかもしれません。

しかしお金の増やし方を本気で行えば、誰でも5年後に1,000万円増やせます。どんな状況でもやればできます。低い数値を目標に定めるのも良いですが、目標はなるべく高く持ちましょう

そして目標を達成するために、日々努力を惜しまないようにしましょう。長く続ければ、続けるだけ成果としてかならず自分に戻ってきます。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です