不労所得で豪遊生活!明日から働かないで金を稼ぐの7方法

夢の不労所得!不労所得のメリット・デメリット

「働かないでもお金が欲しい」「何もしないでも毎月お金が入る仕組みがあれば…」「働くことに疲れた」そんな夢を叶えてくれるのが不労所得

不労所得とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。(引用元:ウィキペディア

労働する必要がないという言葉は、とても魅力的。「今すぐ不労所得で暮らしたい!」そう人も多いと思います。そこで今回は不労所得で生活をする方法を紹介します。不労所得で生活をする方法を紹介する前に…まずは不労所得のメリット・デメリットをチェックしましょう。

不労所得のメリット

不労所得の最大の魅力は、労働する必要がないという点。

  • 毎日の通勤が不要
  • 決められた生活サイクルを送らなくても良い
  • 上司や部下に気を使わなくても問題ない
  • 残業がない
  • 小さな努力で大きな利益が得れる
  • プライベートな時間を充実させられる
  • 休みが削られることがない

週5日〜6日フルタイムで働く社会人にとって、不労所得は夢のような生活。「仕事が辛い」「会社をやめたい」「働きたくない」「やりたいことに専念したい」そう思った経験がある人にとって、不労所得は理想の暮らしが送れる手段です。

不労所得のデメリット

不労所得のデメリットは「少しの労力が必要」という点。全ての不正所得は、最初から何もしないでもお金が得られるわけではありません。最初はかならず手続きが必要。不労所得を得るための内容によっては、手続きに膨大な時間がかかるものもあります。膨大な時間が必要な不労所得を得るため、一時的に仕事をやめる人もいます。

ある程度の時間があった方が不労所得を得るための手続きは行いやすいです。自分の時間を作りやすい人にはおすすめですが、忙しい人には厳しい可能性もあります。

そして最大のデメリットが「投資できる費用がなければ不労所得を得ることはできない」という点。不労所得を得るためには、報酬が発生するための仕組みづくりが必要です。仕組みを作るためには費用が必要です。仕組み作りのために費用を投資し、利益を得る。これがほとんどの不労所得のサイクルです。

もちろん費用なしの不労所得もあります。財産分与、遺産相続、生活保護など、誰かからお金を貰う不労所得は費用がかかりません。しかし財産分与や遺産相続の場合は税金がかかることもあります。

不労所得で豪遊生活を送る方法

では実際に不労所得を得るにはどうしたらいいのでしょうか?また不労所得で豪遊生活を送るには、どうしたらいいのでしょうか?

豪遊生活を送るということは、不労所得だけで毎月の生活費も賄えるくらい収入がなければいけません。それに加えて豪遊費用の遊び代や買い物代も用意ができなければいけません。

そこで「もし毎月不労所得で豪遊するならいくら欲しい?」とインターネットアンケートを使って100名の男女に質問をしました。一般的に「豪遊するためにどれくらいの金額が必要なのか」その結果がこちらです。

 

  • 99万円以下…5%
  • 100万円〜199万円…60%
  • 200万円〜299万円…25%
  • 300万円〜999万円…7%
  • 1000万円以上…3%

このような結果になりました。また下記のような意見が合わせて届きました。

20代会社員男性
キャバクラで毎晩豪遊したい。そのためにも生活費と遊び代、合わせて毎月100万円は欲しい!
20代会社員女性
高級ブランド品を買いまくりたい!美容整形もしたい。海外旅行にも行きたい!お金はいくらあっても足りないので1,000万円くらいはあったらいいなぁ。
30代フリーター男性
投資にチャレンジしたい。仮想通貨を買ったり、FXにもチャレンジしたい。そのためにも資金として毎月200万円くらいは欲しい。
30代フリーター女性
毎晩飲みに出かけて、欲しいものを我慢せずに買いたい。貯金もしたい。最低でも毎月50万年は欲しい。

やはり豪遊生活となると、海外旅行、ブランド品購入、飲み代、ビジネスチャレンジ代など、いくらでもお金を使う方法があります。そのため「お金はいくらあっても足りない」という結論に。

不労所得だけで億万長者になるのは非常に難しい話です。そこで今回は、現実的に不労所得で10万円〜50万円を稼ぐ10の方法を紹介します。今回紹介をする方法は、誰でも挑戦できる簡単な方法です。

また今回紹介する方法は、不労所得という名にふさわしい「労働不要」な方法を抜粋しました。「不労所得で稼ぐ方法」について記事を掲載しているメディアの中には、労働が必要なネットビジネスやFXなどを紹介しているサイトが目立ちます。過剰な労働が必要なビジネスは、不労所得ではありません。放置していてもお金が湧き出るタイプの不労所得だけを紹介します。

①コインランドリー運営

どこの街にも、かならずあるコインランドリー。コインランドリーの需要は大きく、地域によって異なりますが大体毎月の売り上げ平均が60万円といわれています。布団専用乾燥機のように特殊機材を導入すれば、売り上げがさらに伸びるといわれます。

コインランドリーは設置費用、家賃、機材の購入費用があれば開業ができます。機材の導入台数によっても異なりますが2,000万円前後で開業ができます。また毎月の電気代、家賃、管理費などを考えると30万円前後はランニング費用がかかります。

これらの支払いや管理ができれば、毎月30万円くらいは不労所得として利益があがります。

費用 2,000万円
平均月収入 30万円
ランニング費用 30万円

②自動販売機運営

自動販売機は「売り上げが見込める場所」が設置できるかのポイントになります。売り上げが見込める場所であれば、設置費用無料(自動販売機業者負担)で自動販売機を置けます。そのため大通り沿いや団地、大型マンション、オフィスビルを所有していれば非常に有利。

年間平均収入は50万円とやや低めですが、学校やオフィスビルが立ち並ぶ場所であれば、さらに高い利益を見込めます。毎月の電気代も3,000円〜4,000円なのでランニング費用もかなり低く、費用対効果が良い不労所得といわれています。

ただし自動販売機運営は土地を所有していなければできません。もし自動販売機運営を行いたい場合は、土地を購入しなければいけません。

費用 土地代
平均年収入 50万円
ランニング費用 3,000円〜4,000円

③太陽光発電

一時期流行した太陽光発電。自宅の屋根に太陽光パネルを設置し、電力を販売するビジネス。こちらも自動販売機同様、住宅を所有していなければできません。賃貸で太陽光発電の許可が降りている物件もありますが、それを探すのはかなり困難。

太陽光発電は、太陽を使ったビジネスなので永久不滅ともいわれています。また太陽光発電はフルローン設置ができるなど、資金がない人でも手の出しやすい不労所得の方法になっています。毎月のメンテナンス費用も3,600円前後と安価。しかし数年に1度、パネル交換をしなければいけません。その際は数百万単位のメンテナンス費用がかかります。

また太陽光発電は、この先50年続くビジネスと開始当初はいわれていました。しかし年々衰退しているビジネスでもあります。これから太陽光発電をはじめる場合は、情報収拾や下調べが必要です。

費用 2000万円
平均収年間入 230万円
メンテナンス費用 3,600円〜

④生活保護

収入がない、理由があって働けない、そういった人の救済処置法である生活保護。生活保護も不労所得の一種といわれています。

しかし生活保護は、不労所得の中ではイレギュラー。本来貰うべき人以外が受給を受けることは違反行為です。健康に働ける、元気がある、そういった人は受給してはいけません。「本当に理由があって収入がない人」以外は、生活保護を受けるべきではありません。絶対に不正受給をしないようにしましょう。

また生活保護を受けながら遊んだり、働くことは禁じられています。担当者にバレれば、すぐに打ち切りになります。そして不正受給がバレれば、全額返金を強制されることもあります。

生活保護は、我々の税金から支払われているお金です。本当に苦しいとき以外は貰わないようにしましょう。

費用 0円
平均月収入 20万円前後
メンテナンス費用 0円

⑤家賃収入

不労所得の王道。家賃収入。ビルやマンション、土地、自宅一部を貸出して家賃収入を得る方法。土地や物件を複数所有していれば、家賃収入だけで暮らすこともできます。また空室続きの部屋を中古物件として、販売も可能です。

不動産会社や管理会社へのランニング費用が発生する場合もありますが、微々たるものです。また土地代や物件代は、地域によって大きく違いがあるため、一口で言い切れませんが最低でも1,000万円あれば購入できるものもあります。

家賃収入の不労所得だけで暮らす場合、経験や勉強が必要になります。しかし成功できれば豪遊も可能。夢の膨らむビジネスです。

費用 1,000万円〜
平均月収入 10万円以上
メンテナンス費用 物件による

⑥印税

創作ができるクリエイターなら印税生活を送ることも夢ではありません。音楽、読み物を制作できれば印税で不労所得も可能です。解散や引退をした元アーティストや作家、漫画家の中には、当時の印税だけで生活を送る人もいます。

また少し労力が必要になりますが制作した作品をYouTube(ユーチューブ)のような動画配信サイトに掲載し、広告収入を得ている人もいます。クリエイティブな作業ができる人にはおすすめです。

費用 不明
平均収入 2,000円〜
メンテナンス費用 不明

⑦シェアリングサービス

シェアリングサービスとは、所有している車や部屋を使って「貸して欲しい」人にレンタルをするサービス。使っていない車や部屋がある人は、貸すだけでOKなので労力不要で利益が獲得できます。最近では「シェアリングエコノミー」という言葉も浸透し、シェアリングサービスの重要は高くなっています。

シェアリングサービス業者は日本国内でも数を増やしており、登録をすれば誰でもすぐにサービスを開始できます。レンタルサービスなので、トラブルが起こる可能性もありますが企業が仲裁してくれるので面倒ごとに発展しにくいのもポイントです。真剣質な人には不向きなビジネスですが、不要な財産がある場合、不労所得を作る便利なサービスにつながるに違いありません。

費用 車や部屋の財産費
平均月収入 50,000円
メンテナンス費用 場合による

不労所得は費用が必要!

冒頭でも説明した通り、不労所得を得るためには費用が必要です。数千万円単位の資産を持っている人や貯金が数百万円ある人ならば、いますぐに不労所得を得るための行動が起こせます。しかしほとんどの人は、不労所得を得るための投資を行う前に「金銭的な問題」で行動を起こす前に躊躇すると思います。

「月収が低い」「貯金がない」「ギリギリの生活を送っている」そんな状況で、不労所得のために投資を行うことは困難今すぐお金が欲しい、効率よく稼げる「闇仕事や裏バイトをしてでも稼ぎたい」と思う人もいのではないでしょうか?しかし危険で疲れる仕事は自分にストレスを与えるばかりで辛いものです。

そこでおすすめなのが、一時的にキャッシングを行い金銭的余裕を持つ方法です。人間はお金に余裕ができると、考え方にも余裕ができます。自分の考え方を豊かにするため、一時的にキャッシングで足りない分のお金を賄って、今後不労所得を得るための戦略を練る。それが最適です。

一度でも不労所得が得られる仕組みが手に入れば、その後は働かないでも不労所得を得続けることができます。夢の豪遊生活を送る日々も現実するかもしれません。仕組みを効率よく作るためにも余裕を持ちましょう。

【まとめ】不労所得で成功するためには

今回はさまざまな不労所得の種類を紹介しました。紹介したもの以外にもアイドル運営や仮想通貨など、種類は豊富にあります。これらの中で「自分にもできそう」と思える不労所得の方法を見つけることが成功への大きな一歩につながります。そして方法を実践しながら実績や経験を積めばOKです。

金銭的、精神的にも余裕を持って不労所得ビジネスに挑みましょう。かならず夢見る豪遊生活を実現できるに違いありません。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です