J.Score(ジェイスコア)の審査方法などをガチ紹介!AI・スコアレンディングのJ.Score(ジェイスコア)とは何なのか?

J.Score(ジェイスコア)とは?

J.Score(ジェイスコア)とは

J.Score(ジェイスコア)とは、昨年2017年9月27日より開始された新しいAIスコア・レンディング。

AIスコア・レンディングとは、J.Scoreが提供する個人向け融資サービスの名称、および同社の登録商標。AIを活用して、顧客のさまざまな情報から、顧客の信用力と可能性をスコア化したAIスコアに基づき、金利・極度額といった条件の参考値を提示する個人向け消費性融資サービス。(引用元:ウィキペディア

簡単に説明をするとAIスコア・レンディングとは、融資を受けたい人と投資をしたい人をインターネットを通じて結びつけるサービスです。

お金を借りたい人
お金を借りたい!誰か5万円を貸してください!
お金を貸したい人
お金を貸したい!5万円を貸します!

上記のように、お金を借りたい人とお金を貸したい2人をマッチングさせるのがAIスコア・レンディングの仕組みです。

三菱UFJ銀行や三井住友銀行のようなメガバンクが傘下消費者金融は、店舗型が多く、AIスコア・レンディングに切り替えることが困難といわれていました。しかし今回、みずほ銀行はソフトバンクと合併子会社を設立し、J.Score(ジェイスコア)という新たなサービスを生み出しました。

J.Score(ジェイスコア)の注目すべきポイントは、AI技術を搭載した最先端審査方法です。Pepper(ペッパー)などの人工知能AI技術を搭載したロボットの販売、開発をいち早く行い続けているソフトバンクの力もあり、非常にスピーディーで精緻な審査を行うAIスコア・レンディングが誕生しました

J.Score(ジェイスコア)基本情報
 ご利用対象 以下のすべての条件を満たす人(※審査結果によっては通らない場合もあります。)

  • ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住するお客さま
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
    (学生・留学生で、アルバイトなど安定収入がある方もお申込みいただけます。
    また永住権のない外国人の方もお申込み可能です)
 契約極度額 10万円~1,000万円(10万円単位
 融資額 1万円以上(1千円単位)
 貸付利率
(実質年率)
 0.8%~12.0%
資金使途 自由
ご返済方式 残高スライドリボルビング方式。最低約定返済額1千円(1千円単位)。
担保・保証人 不要

J.Score(ジェイスコア)はAI技術を利用しているため、人件費がかかりません。そのため金利が安い特徴があります。

大手消費者金融とJ.Score(ジェイスコア)の比較

J.Score(ジェイスコア)の特徴を大手消費者金融4社と比較してみましょう。

J.ScoreアイフルプロミスSMBCモビット
金利0.8%~12.0% (実質年率)3.0%~18.0% (実質年率) 4.5%〜17.8% (実質年率) 3.0%~18.0% (実質年率)
最短融資速度即時30分30分30分
最大融資額1,000万円800万円以内500万円800万円
遅延損害金12.0%20.0%20.0%20.0%
最長返済回数120回150回80回106回
ホームページJ.ScoreアイフルプロミスSMBCモビット

これらを比較すると圧倒的にJ.Score(ジェイスコア)が使いやすいことがわかります。

J.Score(ジェイスコア)の最大の魅力は融資までのスピードです。従来の消費者金融は人員を使った審査が行われるため、どんなに早くても最低30分はかかります。しかしJ.Score(ジェイスコア)は最短即時融資が可能。これは曜日や時間帯によって異なりますが、即時の融資は非常に利用者側には嬉しいサービスです。

曜日受付時間受付時間
月曜〜金曜0:00〜8:10当日8:10頃
8:10〜14:45即時
14:45〜24:00翌営業日8:10頃
土曜・日曜・祝日年末年始0:00〜24:00翌営業日8:10頃

「すぐにお金を用意したい」「今すぐお金がほしい」そんなときは、月曜日から金曜日までの午前8時10分から午後14時45分までにJ.Score(ジェイスコア)で申し込みをすればOKです。時間は限られますが、他の消費者金融よりもスピーディーな融資が可能となっています。

大手銀行の振込制度が変わった関係で、今後J.Score(ジェイスコア)の即日融資の時間が伸びる可能性もあります。現在は上記の時間帯限定となっていますが、今後の変化にも注目していきましょう。

J.Score(ジェイスコア)審査方法

J.Score(ジェイスコア)の審査方法

J.Score(ジェイスコア)はスマートフォンやパソコンなどインターネットに接続できる環境があれば、どこでも24時間気軽に審査が行えます。直接、窓口に足を運ぶ必要や面倒な書類の政策に時間を費やす必要は一切ありません。自宅や会社にいながら自分のタイミングで自由に審査を受けることができるのです。

J.Score(ジェイスコア)の審査方法は、非常にシンプルです。

まずはJ.Score(ジェイスコア)審査申し込みページへアクセスをします。アクセス後「AIスコア診断」というボタンをクリックして、メールアドレス・パスワードの登録を行いましょう。メールアドレスは携帯アドレス、icloud、Gmail、Yahoo!アドレスなど、どんなものでも対応しています。

メールを登録すると1分足らずでラインのトーク画面に似たページへのアクセスURLが送られてきます。面倒なフォーム入力やエラーが連発する選択式の入力方法ではないので、ストレスフリーで操作ができます。

最初に確認されるJ.Score(ジェイスコア)の審査内容は、下記の18項目です。

  • ニックネーム
  • 生年月日
  • 性別
  • 最終学歴
  • 勤務形態
  • 仕事の業種
  • 現在の職種
  • 所属している会社の規模、従業員人数
  • 勤め先の入社開始
  • 昨年の年収(アバウトな回答で可)
  • 自宅郵便番号
  • 結婚の有無
  • 子供の人数や年齢
  • 同居している家族の有無
  • 住居タイプ
  • 住居年数
  • 借入状況(※住宅ローン、教育・学資ローン、自動車ローン以外の借入状況)

これらの質問に対して、回答をするだけですぐにAIスコアが借入上限額や年金利を判断してくれます。J.Score(ジェイスコア)の公式サイトにも下記のような注意点が書かれています。

  • 2018年8月9日時点
  • (※)AIスコアと貸付利率(年率)、契約極度額との対応関係は変動することがあります。
  • (※)AIスコアは1,000点を上限に表示され、600点未満の場合、スコアレンディングをご利用できません。スコアアップにより、600点以上となった場合はご利用になれます。(引用元:J.Score(ジェイスコア)公式サイト

融資をスムーズに受けるためにも、しっかりと正しい情報を記載しましょう。

また質問事項は上記以外に生活やライフスタイルに関するものも出題されます。

  • 乗っている車のメーカー
  • よく足を運ぶコーヒーショップ
  • 服を買うときにもっとも重視する要素
  • 利用しているポイントカードの枚数
  • 使っているパソコンのメーカー
  • 持っているゲームの機種
  • 普段使っているSNS
  • よく購読している新聞
  • クレジットカードの所有数
  • よく使うクレジットカードの種類
  • 不動産や有価証券などの所有有無
  • 投資について
  • 挑戦したい習い事の有無
  • 勉強したいことについて
  • 喫煙習慣の有無

このような生活水準を計測する診断が150以上あります。これらに答えて融資ができるか、判断されます。

心理テストに答えているような感覚で審査を受けることができるので、気を張る必要はありません。しかしJ.Score(ジェイスコア)の審査は質問数が多いため、早ければ30分、長い人だと2時間くらい回答に時間がかかります。従来の消費者金融の申し込みや審査までの流れと比較すれば早く終わりますが、時間に余裕があるときに申し込みを行なった方が良いかもしれません。

J.Score(ジェイスコア)の審査を受けた人の感想

今回はJ.Score(ジェイスコア)の審査を実際に受けたことがある人に感想を聞きました。

36歳会社員
最初は、やたらと長い質問事項に答えることに抵抗がありました。「融資を受ける=借金をすること」というイメージが強かったので他の消費者金融同様、堅苦しいテンプレートのような質問事項ばかりをぶつけられるのでは?と想像していました。

しかし実際にジェイスコアの質問に答えてみたら「楽しいな〜!」と感動しました。子供の頃にやった心理テストのような感覚で、ドキドキしながら質問の回答もできました。途中からは、めんどくさいという意識は消え、早くスコア結果が見たい!という気持ちで溢れました。

32歳会社員
ジェイスコアの審査は「面白い」と自然に感じられると思います。血液型診断や性格心理テストの延長感覚で、独特な質問をぶつけられるので「次はどんな質問なんだろう?」と、純粋に楽しみながら回答ができます。

AIスコアの反応も早いので、時間のロスなく融資も受けられました。ネット環境が整った場所で操作ができれば完璧ですね。家族にも融資を受けたことがバレなかったので、使ってよかったです

42歳フリーター
どうしてもAI相手という箇所がピンとこなかったのですが、不安はすぐに解消できました。

J.Score(ジェイスコア)は審査結果がすぐに確認できるので、その点も安心です。店舗に行く手間暇も省けますし、電話に出る必要もありません。質問内容も回答しやすく工夫されていました。不快に感じる点もなく、利用できました。

30歳主婦
J.Score(ジェイスコア)は専業主婦は審査に通らない消費者金融です。しかしパートタイムやアルバイトをして、報酬があればOK。融資は受けられます。私は実際に受けることができました。

相手がAIなので後ろめたい気持ちにならず、融資が受けられました。どうしても人間相手だと、恥ずかしさやお金を借りる後ろめたさが屈辱的でした。しかし人間は一切出てこなかったので、気持ちもかなり楽。相手がAIというだけで、こんなに気持ちが楽になるとは想像していませんでした。

J.Score(ジェイスコア)の口コミや評判をチェックしてみると

  • 質問の種類が豊富
  • J.Score(ジェイスコア)の審査はストレスフリー
  • 審査結果を即時に受けられる
  • 人目が気にならない
  • 不明点はAIにその場で確認を取ることができる

上記のようなメリットを書いている人が多数います。

対してJ.Score(ジェイスコア)のデメリットとして上がっている口コミや評判は

  • 質問数が多い
  • 回答に時間がかかる
  • 人間に質問したい場合は作業を中断して問い合わせ連絡をしなければいけない

この二点が多い結果になりました。

なお、J.Score(ジェイスコア)の審査は無料で受けられます。申し込み、審査、審査結果の確認、融資まで全てお金は一銭もかかりません。安心して利用ができます。

またお手持ちのスマホやパソコン、タブレットを使って、24時間365日簡単に即操作ができます。特別に用意をするものもありません。自宅や外出先で、J.Score(ジェイスコア)の申し込みや審査が受けられます。

必要なのはJ.Score(ジェイスコア)の審査(質問)に答える時間だけです。

J.Score(ジェイスコア)の金利

J.Score(ジェイスコア)の金利どのくらい?

冒頭にも書いた通り、J.Score(ジェイスコア)の魅力は金利の安さ従来の銀行融資や消費者金融、ネット銀行などの融資の場合、おおよそ14%~18%の金利がつきます。

J.ScoreアイフルプロミスSMBCモビット
金利0.8%~12.0% (実質年率)3.0%~18.0% (実質年率) 4.5%〜17.8% (実質年率) 3.0%~18.0% (実質年率)
遅延損害金12.0%20.0%20.0%20.0%
ホームページJ.ScoreアイフルプロミスSMBCモビット

比較すると、俄然J.Score(ジェイスコア)の金利が安いことがわかります。遅延損害金(※返済が遅れた際に発生する金利)も、他社と比較すると8.0%も安いことがわかります。

誰もが「なるべくなら金利を安く抑えたい」と考え、色々な企業の借入プランを比較するでしょう。とはいえ、ずば抜けてて安い企業を見つけることは非常に困難です。どこの消費者金融も金利に大差はありません。また実際に審査を受け、融資額や返済プランを考えなければ正確な金利を明確にはできません

そして消費者金融よりも金利の安い銀行融資を考えている人も多いと思います。しかし銀行融資は審査が厳しく、簡単にお金を貸してくれません。

  • 一流企業や外資系企業で働いている(公務員も可能)
  • 日本の平均年収421万円以上の収入がある
  • 勤続年数が長い
  • 情報機関に悪い情報がない(過去の支払い滞納やブラックリスト入りなど)

これらの厳しい審査がクリアできなければ、銀行からの借入は困難です。金利が安い分、信頼できる人にしか銀行はお金を貸してくれません。

フリーター、派遣社員、専業主婦、自営業、ベンチャー企業会社員などの職業の人は、低金利銀行融資は審査が通らない可能性が高いと判断した方が無難です。こうした状況を考えると、J.Score(ジェイスコア)は非常にお得に借入ができる金融サービスです。

J.Score(ジェイスコア)は金利の基本設定が低い

J.Score(ジェイスコア)の金利は、0.8%~12.0%(実質年率)と消費者金融の中では、低い設定になっています。最高金利が12.0%というのは、消費者金融業界では異例の低金利設定です。

49歳会社員
給料日まで食いつなぐために融資を受けたい。できるだけ早く、金利を抑えてお得にお金を借りたい。

28歳フリーター
まとまった金額を借りたい。金利が高いと支払いが長引いてしまうので、できるだけ低金利の場所で融資を受けたい。そして早く完済したい。

「スピード重視」「金利を最小限に抑えたい」この2点を重点的に考える人たちにはJ.Score(ジェイスコア)はおすすめです。J.Score(ジェイスコア)の最大の魅力は、融資までのスピードと金利の安さです。その点を重視に考えるなら最適と断言できます。

またJ.Score(ジェイスコア)を金利重視で選んだ人たちの口コミ、評判には、こんな体験談がありました。

33歳契約社員
契約社員として働いています。引越し費用の借入をしました。年収250万円なので金利12%前後で借入先を考えていました

クレジットカードのキャッシングやショッピングリボでの引越しも考えましたが金利が高くついてしまうので、思い切って消費者金融からお金を借りようと思いました。

複数社の審査を受けて相談をしてみたところ、J.Score(ジェイスコア)以外の企業は金利が高い結果になりました。条件が良いものもありましたが、金利が高いと後で苦しむと思いJ.Score(ジェイスコア)を選択。

金利上限も10.4%で、お得にお金を借りられました。スマホだけの簡単操作でカード発行もなしなので、家族にもバレず、安心できました。

24歳フリーター
お金がどうしても必要になりJ.Score(ジェイスコア)を使いました。フリーターなので毎月の収入も低く、金利はなるべく抑えたいと考えました。ただ金利が低くて、融資可能額が大きい消費者金融って意外となくって困りました。そこでJ.Score(ジェイスコア)を使ったところ、最大融資可能額は100万円。金利もかなり抑えることができて大満足です。本当に助かりました。

J.Score(ジェイスコア)の金利の低さに満足している人が多いようです。

またJ.Score(ジェイスコア)は、他の消費者金融会社よりも最大限度額は1,000万円と、ずば抜けて高く設定されています。低金利で最大限度額が高い消費者金融は、J.Score(ジェイスコア)以外に現段階ではありません。複数社からの借入をまとめる「おまとめローン」目的で利用する人には、魅力的なポイントです。

J.Score(ジェイスコア)は低金利だからといって、デメリットになる点が一切ありません。安心して利用ができます。

J.Score(ジェイスコア)はカードレス

J.Score(ジェイスコア)はカードいらず!

J.Score(ジェイスコア)の驚くべきポイントは、低金利やスピーディーで確実な審査だけではありません。カードレスで融資が受けられます

従来の消費者金融が提供するカードローンサービスは、専用ATMやコンビニでいつでも利用できるカードを審査後に配送。そのカードを使ってATMで顧客が借入をする仕組みになっています。最近は専用アプリやウェブサイトを使って銀行振込をしてくれる消費者金融も増えていますが、後日カードも配送される場合がほとんどです。

カードレスだとメリットがたくさんあります。

  • 家族や同居している人に借金がバレない
  • 財布が嵩張らない
  • カード紛失の心配がない
  • ATMに足を運ぶ手間が省ける

カードレスの最大の魅力はバレにくさです。お金を借りることは決して公にできるものではありません。後ろめたさを強く感じる人の方が多いものです。カードがなくなれば、気持ちの面も楽になります。

J.Score(ジェイスコア)のカードレス口コミ

55歳主婦パート
田舎に住んでいるのでコンビニATMを使っているだけでも、誰かに見られます。ATM利用中に話しかけてくる人もいます。子供の友達家族や知り合いにお金を借りている姿はみられたくありません。もちろん旦那や義父母にも、お金を借りていることは秘密です。絶対にバレたくありません。

そこでJ.Score(ジェイスコア)を使ってみることにしました。カードレスで借入ができるので安心して使えるうえに、証拠品が自宅へ送られてこない点をすごく気に入りました。案内状やダイレクトメールも届かないので、借入をしてから数ヶ月経過しますが誰にもバレていません。

22歳学生
J.Score(ジェイスコア)は学生への融資、学生も顧客に考えて作られているサービスです。苦学生でも借入ができるのは、とてもありがたいです。

大学に通いながら生活費を稼ぐ日々を過ごしていますが、たまにお金が足りないときはお世話になっています。学生なので限度額は大きくありませんが、生活費が苦しいときや食費に困ったときは利用しています。同棲中の恋人にもバレずに利用もできています。離れた場所に住んでいる家族もJ.Score(ジェイスコア)で融資を受けていることは知りません。

金利も低いので上手に使えば生活を豊かにする便利な武器になると思います。

J.Score(ジェイスコア)は「誰にもバレずにお金を借りたい」人には最適です。

  • カードレス
  • 保証人不要
  • 担保不要
  • 職場への在籍連絡なし
  • 自宅への確認連絡なし
  • ダイレクトメールのポスト投函なし

上記の項目は、バレないための重要ポイント。これらが全てJ.Score(ジェイスコア)では、守られています。

注意ポイント

J.Score(ジェイスコア)でも督促連絡は届きます。返済が滞ったり、連絡返信をしなければ、J.Score(ジェイスコア)からの連絡が届きます。支払い遅延しそうな場合は、かならず事前にJ.Score(ジェイスコア)へ連絡をいれるようにしましょう。またJ.Score(ジェイスコア)からの重要連絡には、返信をしましょう。

J.Score(ジェイスコア)の返済方法

J.Score(ジェイスコア)の返済方法

J.Score(ジェイスコア)には3種類の返済方法があります。

  • 口座振替
  • 銀行振込
  • Pay-easy(ペイジー)

口座振替、銀行振込はオーソドックスな返済方法です。

口座振替

こんな人におすすめ
  • 毎月着実な支払い履歴を重ねたい
  • 給料を銀行口座から引き出さない
  • 常に口座にお金をいれている

口座振替の場合、毎月決められた日に支払額が引き落とされます。そのため支払日に確実に引き落としがかかります。支払い日が給料日や翌日の場合は、特に何もしないでも指定の銀行口座より引き落としが行われるので非常に楽に利用できます。

そして口座振替は手数料がかかりません。決められた支払額以外は、払わなくても問題ありません。

しかし1円でも支払い金額が不足していたり、現金を口座へ残せなければ、口座振替ができず返済遅延してしまいます。返済遅延は延滞金がかかります。

そして支払い忘れを続ければ督促連絡が届く可能性もあります。督促連絡を無視すれば、信用情報がブラックリストに入ってしまう可能性もあります。かならず引き落としされたかの確認、督促がきたら早期対応を心がけましょう。

銀行振込

こんな人におすすめ
  • 毎月銀行に行く予定がある
  • 支払い忘れを防止したい
  • 期日前に支払いたい

銀行振込は自分で振込を行わなければいけません。振込手数料は完全自己負担になります。毎月数百円単位の手数料が支払いとは別に加算されるため、回数が多ければ手数料だけでもかなりの額に。しかし期日前に支払いをすることもできるため、利子を抑えられるメリットもあります。

支払い容姿自体を紛失すると支払いができなくなります。再発行が必要な状況になった場合、遅延損害金も負担をしなければいけない可能性もあります。振込先の口座番号を電話で教えてくれる場合もあるので、紛失したら問い合わせをしましょう。

また銀行振込の場合、支払い自体を忘れてしまう人もいます。支払い自体を忘れると恐ろしいことに。十分に気をつけるように注意してください。24時間利用できるネットバンクを持っていれば、給料日後すぐに振込もできるため非常に便利な方法。デメリットがある点も踏まえて考えてみましょう。

Pay-easy(ペイジー)

こんな人におすすめ
  • Pay-easy(ペイジー)を利用した経験がある
  • 簡単に支払いがしたい
  • 外出する手間を省きたい

最後にPay-easy(ペイジー)とは、インターネット料金システムです。24時間いつでもネット環境があれば振込ができます。手数料も無料のため、もっとも簡単に使える返済方法です。もちろん導入費用もかかりません。申し込み手続きも10分で簡単に完了できます。

ただし難しいサービスではありませんが、最初は慣れない操作が苦痛になる場合もあります。サポート対応もしていますが、少々手こずる可能性もあるので注意しましょう。

J.Score(ジェイスコア)の返済方法を選ぶ際には十分注意して、自分がもっとも返しやすいものを選びましょう。返済遅延は絶対禁止です。「これなら大丈夫」と思えるものを選択しましょう。

J.Score(ジェイスコア)の使いやすさについて

J.Score(ジェイスコア)の審査結果は?

J.Score(ジェイスコア)は、AI(人工知能)を兼ね備えたハイテクノロジーサービスです。最近はPepper(ペッパー)や英語学習ロボットMSXの普及により、AIが身近な存在になりはじめています。

しかし日本ではAIの認知度が低いため「信用できない」「本当に大丈夫なの?」「個人情報は流出しない?」と、不安に感じる人も多いです。そのためJ.Score(ジェイスコア)に対しても

  • セキュリティー面が不安
  • 審査基準が厳しそう
  • 人間が絡まない分、ミスがありそう
  • 間違えた判断やバグが起こりそう

利用前に4割の人たちから不安な声があがります。

しかし実際に利用してみると全体の8割はJ.Score(ジェイスコア)のサービスに大満足と回答。

  • 審査が的確
  • 効率的で優れている
  • とにかくスピードが早い
  • 人間がやらない方が平等感がある
  • 変な気を使う必要もなくストレスフリーで快適
  • スムーズに借入ができる
  • セキュリティー面は完璧
  • 他の消費者金融と大差なく利用できる
  • 初心者にも優しい
  • サクサク操作ができる
  • 電話で不明点や質問は答えてもらえる
  • バグやミスは一切感じられない

このような前向きな感想があがります。

またJ.Score(ジェイスコア)に対して「不満」と回答した2割の人たちは

  • 質問回答が多すぎて審査に時間がかかった
  • インターネット環境が安定していないとできない

これらのどちらかを意見する人が多い結果になりました。

やはり審査の元となる質問項目の回答に時間がかかる点が不安の要因になっています。しかしJ.Score(ジェイスコア)以外の消費者金融やローン会社から借入をする場合、申し込みから審査、手続きまでにかかる時間は最低でも約2時間30分審査が長引けば1週間以内に結果がでないこともあります。

それに対してJ.Score(ジェイスコア)は、申し込みから審査、手続きまでにかかる時間は長くても約2時間。質問に回答するスピードが早い人だと1時間以内に融資を受けています

これを比較しても、J.Score(ジェイスコア)は他の消費者金融やローン会社を利用するよりも融資までのスピードが早い結果に。スピード重視で融資を受けたい人や低金利を第一に考えている人には、非常に使いやすいサービスです。

またJ.Score(ジェイスコア)は初心者でも使いやすいデザインになっています。カスタマーセンターも設けられているので電話で、確認をしながら操作をすることもできます。

「AI審査」と難しそうなイメージのある言葉が並んでいますが、従来の消費者金融と代わりはありません。安心して使うことができます。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です