お金がなくて支払いができない状況を回避する方法

大ピンチ「お金が無いから今月の支払いが出来ない!」なんて経験ありませんか?

こんな経験をしたことは、ありませんか?

  • 今月の給料が思っていたよりも少なかったから支払いが出来ない
  • 出費がかさんで生活費の支払いが出来ない
  • お金が無くて家賃を滞納しちゃいそう
  • クレジットカードで買い物し過ぎて支払いが出来ない
  • 通販で後払い設定にしたことを忘れていて、支払いをするお金がない
  • 突然、会社をリストラされてお金がなくて支払いが出来ない

など、自分が本来払わなければいけないお金を支払いすることが出来ずに困った経験。国会では賃金3%アップを経済界に求める声があがるものの、いまだに景気は悪く、大手企業や一流企業に勤めていない人にとっては無関係な話。給料は上がらないのに、勤務時間や仕事量は増えて悪循環の中で働き続ける人も多いのではないでしょうか?

また、どんなに働いても支払い額が減ることはありません。生活費も削れても、ゼロにすることは出来ません。そのため、「お給料が足りずに支払いをするのが難しい」という状況に陥る人も増えています。

そして、お金が無いから支払いが出来ない人は、一般人だけではなく高報酬の芸能人にもいます。

大きなワイングラスを片手に「ルネッサーンス!」のセリフでおなじみのお笑い芸人山田ルイ53世さん。ブレイクしたばかりの時は、テレビで見ない日は無かった彼ですが、実はローン会社に借金があり返済に困っていた時期があるそうです。

山田さん
テレビに出ているけど、ご飯もろくに食べることが出来ない。今月も支払いをするのが苦しい状況です。

テレビ番組でも時折このように語っていました。山田ルイ53世さんは、支払いをすることが苦しくなり結果的に債務整理をして厳しい時期を乗り越えたそうです。

また、タレント小池栄子さんの旦那、坂田亘さんは飲食店事業の失敗、税金の滞納などで約3億円の借金を抱えています。元プロレスラー、格闘家の坂田亘さんは支払いをすることが難しい時に、ある大きな決断をしました。

坂田さん
飲食店を閉めよう。

借金が膨らみだした当時、まだ飲食店の営業をしていた坂田亘さんは毎月の支払いをすることが難しくなったため、お店を閉める決断をしました。現在も奥さんの小池栄子さんと共に借金返済中という噂があります。

どんな職業の人でも支払いが厳しい人はいます。そこで「お金が無い!支払いが出来ない!」という状況でも、ピンチを回避する方法を紹介します。

支払いができない時の対処法


どうしてもお金が無くて、支払いが出来ない時の対処法です。これらは誰でも出来る方法なのでピンチな時は実践してみましょう。

支払い延滞の連絡をして相談する

まず支払いが難しいと分かった時点で、支払いを延滞することを連絡しましょう。公共料金は依頼をしている企業、家賃の支払い先、クレジットカード会社、税務署など支払いをしなければいけない企業へ連絡をしましょう。

支払い延滞希望者
お給料が足りなくて、支払額を払うことが難しいです。どうしたら良いでしょうか?支払いを遅らせることは可能でしょうか?

このように伝えると対処法を企業側が一緒に考えてくれます。相談をすると大体、遅れてでも支払いをする方法、無理のない支払い方法を提案してくれる場合が大半です。もちろん、支払いをしなくても良いわけではありません。必ず決められた支払額は払わなければいけません

給料日が遅れて支払日に間に合わない場合も必ず事前に支払いが遅れる連絡はしましょう。無断で支払いを遅らせることはもっともしてはいけない行為です。必ず支払いが遅れる場合も事前連絡をしましょう。また、支払いが遅れる場合は「いつ頃までに支払えるか」日にちも合わせて伝えると親切です。

日雇いバイトをする

支払日までに時間に余裕がある場合は、日雇いバイトをして足りない金額を稼ぐことも有効な対処法です。

日払いバイトは大手求人サイトでも常に募集をしています。イベントスタッフ、軽作業、エキストラなどいろいろな業種で日雇いバイトの募集をしています。

日雇いバイトは案件によっても異なりますが、7時間~8時間の拘束時間で、給与が1万円前後です。土日を中心に募集している案件も多く、老若男女問わず参加できる内容の仕事がほとんどです。まずは求人サイトをチェックしてみましょう。

また、女性の場合はキャバクラやガールズバー、風俗などのお店で働くことも有効です。異性を相手にする仕事なので、抵抗がある人も多いと思いますが高額報酬ですぐに働くことも可能です。副業として、本業と一緒に掛け持ちバイトをすることも可能です。短時間で効率よく稼ぎたい人は、ナイトビジネスに挑戦することも検討してみましょう。

家族や友達にお金を借りる

家族や友達など身の回りの人にお金を借りて、ピンチな状況を凌ぐことも一つの手。しかし、家族や友達などの身の回りの人にお金を借りるという行為は借りた相手と今後の縁が切れてしまう可能性があると思いましょう。お金の貸し借りは「お金の切れ目は縁の切れ目」という言葉の通り、一瞬で仲が悪くなる原因でもあります。

お金を借りた人は一時的にピンチを凌ぐことが出来るため、あまり深く考えないことが多いです。しかし、お金を貸した側の人は「本当にお金が返ってくるだろうか?」「またお金を貸してと言われないか」など、貸した人に対して不安な気持ちを抱きます。また、お金を貸した側の人は「なぜ、人に借りるまでお金が無いのか、どうしてお金が必要なのか」その人に対して必ず疑問を抱きます。お金を貸した人はお金を借りた人に対して「だらしない」印象を抱く可能性もあるでしょう。

このようなお金に対する問題が、今後の関係に大きな亀裂をもたらすのです。家族や友達だからといって安易にお金の貸し借りはしない方が良いでしょう。どんな人でも自分で稼いだお金を相手に貸すことは不安になるものです。お金が無い、支払いが出来ないからといってむやみにお金の貸し借りは避けましょう。

消費者金融にお金を借りる

どうしてもお金が無い場合は、消費者金融でお金を借りることが一番おすすめです。消費者金融は家族や友達のように個人の貸し借りと違って、契約を交わして信頼関係を築いた上でお金の貸し借りを行います。

また、消費者金融はお金を貸してくれるため、一度にまとまったお金を貸してくれます。はじめての借入の場合、無利息で借りることが出来るプランを用意している企業もあります。給料日までのピンチを凌ぐための手段として、一時的に支払いを済ませるために借りるのには優れています

ただし、消費者金融で借りたお金は必ず返さなければいけません。無理なく返すための返済プランを考えて、計画的に借り入れをしましょう。

最近は、審査から借り入れまで最短30分の企業も増えています。特にネット申し込みは誰にもバレずに借り入れをすることも可能です。無人ATMやコンビニATMからもお金を借りれます。便利な消費者金融を使うことは、お金が無いピンチな状況を回避するためにおすすめです。

持っているものを売る

ヤフオクやメルカリなどのフリマアプリで持っているものを売ってお金を作り、支払いにあてる方法も人気です。着なくなった洋服や使わなくなったメイク用品、不要になった家電、小物類などどんな物でも自分の言い値で売ることが出来るフリマアプリは人気です。トイレットペーパーの芯や買い物の際に渡されるショッピングバッグの紙袋なども値段がつきます。どんな物でも販売出来るフリマアプリは上手に使えばある程度のお金を作ることも可能です。

しかし、フリマアプリには落とし穴があります。フリマアプリは買う人がいなければ、永遠に売れません。そのためお金になりません。上手な撮影、分かりやすい出品説明文などを作らなければ、購入者の目に止まることもありません。

また、購入者とのメッセージでのやりとり、配送なども自分で行わなければいけないため、手間がかかります。そして、どんなフリマアプリでも手数料が発生します。テレビCMでは「手数料ゼロ円!」と謳われているものでも、入金手数料や出品手数料などが取られてしまいます。結果的に自分で負担する金額もかなり高額になる可能性もあります。入金までに時間がかかる場合や売れなければお金が作れないなどの落とし穴もあるため、フリマアプリを使う場合は要注意が必要です。

また、今持っている車やブランド品などを売りたい場合は中古品買取店に足を運びましょう。ただし、こちらも1店舗の査定で決めずに複数の店舗を周り、もっとも高額で買取をしてくれるお店に決めましょう。

自己破産する

どうしてもお金が無い、支払いが出来ないという状況に陥ってしまった場合、最終手段として自己破産という方法があります。自己破産をすると借り入れ会社からの催促がストップします。また、弁護士などの専門家に自己破産手続きを依頼すると、過払い金の調査や借金の減額相談をしてもらえます。

自己破産は、お金がなく首が回らなくなってしまった人にとっては非常に優れたものです。しかし、一度自己破産をすれば、今後借り入れが一定期間出来なくなってしまったり、クレジットカードが作れなくなるなどの支障が起こります。また、自己破産をすると家を借りる際の審査に通りにくくなったりなどのデメリットがあります。自己破産は支払い不能状態を回避する方法ですが、将来の道を塞ぐ諸刃の刃でもあります。

よく考えた上で自己破産をするか決めなければいけません。また、自己破産の手続きは簡単に行えるものではありません。時間と労力が必要になります。自己破産申請中は生活が制限される場合もあります。気軽には出来ないことを頭に入れておきましょう。自己破産する前に▼借金問題の専門の債務整理も検討しましょう。

絶対にダメ!犯罪行為!


どんなにお金が無くて支払いが出来ない状況でも、犯罪行為に手を染めることは絶対に止めましょう。よく窃盗などのニュースで犯人が「お金が無くてやった」「支払いが多くて遊べないので泥棒をした」などと報じられることがあります。どんなにお金がない状況でも犯罪行為は違法です。もちろん、犯罪を犯して捕まってしまえば相応の罪を償わなければいけませんし、周囲の人や職場にも当然、多大な迷惑をかけてしまいます。

万引きや泥棒などの犯罪行為は絶対にお金が無くても犯してはいけません。人間としての道を踏み外すことだけは絶対に避けましょう。

もし支払いができないとどうなるの?


お金が無い状況が続き支払いが出来なくなってしまった場合、最終的にどんな状況が待ち構えているのでしょうか?

もし支払いが出来ない状況が続き、支払い先に連絡をせずに無断で延滞をしてしまった場合はこのようになると考えられています。

1.多額の延滞金が発生する

支払額にプラスして延滞金が加算されます。支払い先によっても異なりますが延滞金はクレジットカード会社やローン会社の場合、元金+遅延損害金の合計金額がプラスされます。法律上、遅延損害金年率は最大上限18%までと決められています。最高でも26.28%までとなります。遅延損害金は人によっても異なるため、借入先に連絡をして確認をとりましょう。また延滞金は1日ごとに発生します。支払いが遅れると毎日延滞金が発生すると思いましょう。

2.差し押さえ

奨学金、国民保険や税金などの支払いが滞ってしまうと、給料や銀行口座にあるお金が差し押さえをされてしまいます。差し押さえは事前告知される場合もありますが、突然の場合もあります。差し押さえられてしまった場合、お金が戻ってくる可能性はほとんどありません。そのため、一気に一文無しになる可能性や生活が出来なくなってしまう場合もあります。

税務署の人
国民の義務である税金を支払わない方が悪い。生活が出来ないなら借金をしてください。

などと冷たい声であしらわれる人もいるそうです。また、滞納している税金は自己破産しても消えません。滞納せずに払えるようにしましょう。

また、お金以外に車やテレビなどの財産も差し押さえされる可能性があります。貴金属や電子器具なども差し押さえの対象になります。自宅に突然税務署の人が訪れて、差し押さえされれば一緒に暮らしている人にも迷惑がかかります。

このように支払いが出来なければ、それなりの制裁が下されます。支払いは滞らないようにする、そのための対策法を考えて実行することが大切です。

日頃からお金の管理をしっかりすることが重要


「お金が無いから支払いが出来ない」という状況は誰にでも訪れる可能性があります。そういった状況が万が一、訪れてしまった場合は焦らずに冷静に対処をしましょう。

支払いができない時の対処法
①支払い先に「支払いが遅れる」相談の連絡をする
②支払いが出来るようにお金を作る方法を考える

また、日頃から「お金が無いから支払いが出来ない」という状況を作らないために、貯金をしたり、節約やお金を使い過ぎないように心がけることが大切です。

そして、毎月の支払い額を事前に把握しておきましょう。最低でも2ヶ月前から生活費や支払額をある程度、把握しておくとお金の管理が楽になります。「どれだけの金額が必要なのか」を事前に把握するだけでもお金の使い過ぎは防止出来るでしょう。

クレジットカードや借り入れなどが多く首が回らない状況の場合は債務整理を行うことも良いでしょう。債務整理とは弁護士や専門家を交えて、自分の借金を減額したり、支払いに猶予を持たせることです。債務整理を行うと少し楽な生活を送ることが出来る上、支払い地獄から解放される場合もあります。ただし、債務整理は弁護士や専門家への依頼費用が必要になります。費用は状況によっても異なりますが、まずは無料相談でどのくらい楽な状況になるのか、確認をしてみましょう。
▼借金問題に専門特化した妥協なき過払い請求と極限の交渉術でおこなう債務整理

お金が無くて支払いが出来ない状況を避けるためにも日頃からお金の管理を徹底して、無理なく支払いが出来るようにしましょう。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です