お金がない人の5つの特徴とお金がない悲惨な未来とは・・・

あなたは今「お金」と縁がありますか?

「常に金欠状態」、「突発的な飲み会や遊びに参加すると生活が厳しくなる」、「仕事を安定させることができない」…。

様々な理由から自分が「お金に縁がない」と、思う事はありませんか?

お金に縁がないと思った時に不安になるのが、将来のことです。可能ならば不安な気持ちで未来を迎えたくはありません。

お金がない人の特徴とその未来とは、一体どのような結末になるのか…。また最悪の未来を回避するためには、どのような方法があるのか紹介をしたいと思います。

 

目次

・自分がお金と縁のある人なのかをチェック

下記の質問に、あなたはいくつ「Yes」と解答をしますか?

⑴.値札を見ないで買い物をする

⑵.「限定」や「今だけ」という言葉に惹かれる

⑶.コンプレックスが多い

⑷.周囲の人の目が気になり見栄を張ることがある

⑸.部屋の片付けができない

⑹.家庭環境や友人関係がうまくいかない

⑺.美味しいものを毎日食べたい

⑻.出かける予定が多い

⑼.習慣的に行っていることがあまりない

⑽.仕事に責任を持つ事ができない

チェック項目で4つ以上あてはまる場合は、お金がない人といえます。

どうしてチェックに当てはまる数が多ければ、お金がない人になる可能性があるのでしょうか?これについて、次で詳しく説明をします。

・お金がない人の特徴

①「衝動買い!運命的な出会いが大好き!」計画性がない人

特に買い物をする予定がなくても、ショッピングセンターやデパートなどの商業施設に出向くことは楽しいものです。そんな楽しい時間の最中、運命的な出会いをした経験はありませんか?

高級ブランド品はもちろん、安価で手が届く価格のアイテムなど…。どんな物でも「これは欲しい!」と直感で思える商品に出会った経験は、誰でもあることでしょう。

直感を感じた時、あなたは商品をすぐに手に取ってレジに向かいますか?それとも一旦留まり、本当に必要な物なのかを考えた上で行動を起こしますか?

前者の場合は、お金がない人の特徴を掴んでいることになります。

計画性なく買い物をしてしまうことは、お金が貯まらない証拠です。後先を考えずに買い物をすることは、自分の首を苦しめてしまいます。例えお買い得な物であっても、大量に買ってしまえば出て行くお金も増えます。

どんな買い物も、一度本当に必要なのかを考えることが大切です。計画をしっかりと立てた上で、買い物をするようにしましょう。

②「お財布の中にはレシートの山!」だらしがない人

自分のお財布を見た時に、大量のレシートが出てくることはありませんか?また部屋を見渡した時に物で溢れていて、収納や整理が出来ていない状態ではありませんか?

身の回りの整理整頓ができない人は、お金にもだらしなくなります。だらしがないと、お金の管理や計画を立てる事も苦手になります。

また時間にルーズな人も同様です。時は金なりという言葉の通り、時間もお金も有限で貴重なものです。「適当で良い」と時間やお金の管理を曖昧にすると、気がついた頃にはお金がなくなります。

身の回りの整理や時間の管理はスケジュールアプリで、お金の出入りは家計簿などをつけて管理すること。これがお金の管理を曖昧にしないための、大きな一歩に繋がります。

③「絶対に今日は大丈夫!」勝負好きな人

ギャンブルを始めたばかりの方だと、ビギナーズラックで勝つことはあっても長く勝ち続けることは不可能です。また、負けても勝ってもギャンブルを続けて、お金を使い続ける状態に陥る人も多いのが現状です。

大金を投資して、一瞬で泡のようにお金が消えることもギャンブルでは珍しくありません。

お金がない人ほど、根拠もなく「今日は大丈夫!絶対に当たる!」などと言います。そして勝っても負けても、何度もギャンブルを繰り返します。ギャンブル依存症になることもあります。

何度もギャンブルを繰り返すということは、結果的に大損をします。一時的に勝ちが続き「今までの分を取り返せた」と、錯覚に陥る人もいます。しかし総合的に負けている数の方が圧倒的に多いです。

ギャンブルを繰り返せば、お金はなくなります。一攫千金の夢を見る事は悪い事ではありませんが、お金が無くなることは意味がありません。

主要なギャンブルの還元率

 ギャンブル名  還元率
  宝くじ  45%
  競馬  74.1%
    競輪  75%
     パチンコ  85%

還元率とは1000円の払いもどしがあったときに、450円しか戻されないということです。

パチンコは還元率が高いので勝つ確率が高いと考えられますが、年間の平均負け金額について30万円という結果もあります。確実に勝てるかもわからない勝負事が好きな人は、要注意です。

④「残業地獄にイライラ蓄積!」ストレスが多い人

週5日から6日、しかも1日平均労働時間が10時間以上。過酷な労働環境の中で仕事をこなしストレスを蓄積させている人は、年々増加しているといわれています。何時間も働いても、時給換算すると驚く程に低賃金であることもよく耳にする話です。

このような過酷な労働時間で働いている方は、どうしてもストレスが蓄積します。ストレスが貯まるということは、気持ちや身体が本能的にストレス発散やリラックスを求めます

ストレス発散やリラックスを求める時に、必要になるものがお金です。

お金があれば美味しい食事やお酒を摂る事、趣味の充実、温泉や旅行など楽しい遊びの時間をより豊かにすることができます。ストレス発散中は、一時的に「もっと頑張れば良い」と気が緩み、余計にお金を使ってしまう機会が増えます。

お金を使っている時は、ストレスを発散できる喜びと重なり無意識に出費を増やしてしまいがちです。無意識にお金を使ってしまえば、気がついた頃には余裕もなくなります。お金がなくなれば、ストレスは更に蓄積されます。

ストレスで感情やお金のコントロールができなければ、上手く生活をすることも厳しくなります。気持ちに余裕がない人は、お金がない人になりやすいものです。

日々の生活の中でストレスを貯めないようにすることは、お金がない人にならないためのポイントでもあります。ストレスを貯めないように心がけて生活をしましょう。

⑤「私だってセレブ!」見栄を張る人

インスタグラムやTwitter、FacebookなどのSNSが普及したこともあり、セレブ気取りをする一般人が増えたといわれています。

高価なブランド品や海外旅行、新品の車に豪華なお家。誰もが憧れるようなセレブリティな生活を「いいね」欲しさに、無理をして見繕っていることはありませんか?

自分の収入に見合わない、不釣り合いな商品を買ったり、お店に出向いたり…。SNSでは多くの人から「非日常的なセレブ生活をしている」と、讃えられますが実際には何も残りません。むしろお金ばかりが出て行ってしまいます。

お金が出て行くばかりの生活を繰り返してしまえば、浪費癖となりお金がない人になってしまいます。

最近では、学生やOL、主婦などの女性がSNS映えを気にして、こういった偽りのセレブを演じることが多いといわれています。中には、借金を繰り返してまでSNS映えを気にする方もいるようです。最終的にお金を返すことができずに、社会的信用も失ってしまい、最悪の結末を迎える女性もいます。

承認欲求というものは、一時的には満たされても長く満足する事はありません。見栄を張ることは、悪い事ではありませんが無理をする事でもありません。自分の身の丈にあったお金の使い方をすることが、お金がない人にならないためのポイントです。

・お金がない人の未来

①ニート・無職になった時に自己破産をする

突然仕事を失い無職になる可能性は今の時代、誰にでも訪れる可能性があります。事故や病気など、やむを得ず無職やニートにならなければいけない理由が出来る場合もあります。

こういった時に、お金がない人はどうなってしまうのでしょうか。

貯蓄をしていなければ生活をすることが難しくなります。働く事ができないということは、収入が途絶えることと同じです。しかし収入が途絶えても、必要な支払いは変わりなく訪れます。

支払いをすることができなければ、家や車などの売る事ができるものを全て手放す必要があります。それでも支払いが終わらない場合は自己破産をする以外方法がありません。

自己破産をするということは、社会的信用がなくなります。

自分がニートや無職になった時のことをイメージしてみましょう。そしてお金の使い方を見直してください。

貯金をする余裕がなければ、支出を抑える工夫をすることも大切です。食費の節約や無駄遣いを減らすだけでも、支出は減ります。

また万が一に備えて、保険に加入をすることもおすすめします。疾病保険雇用保険など、万が一の時に対応ができるよう保険に加入をすることで必要最低限のお金を確保できます。

②社会的信用がない人間になってしまう

お金がない人の特徴に当てはまる人は、将来的に社会的信用がない人になる可能性があります。

社会的信用とは

・職業がある(所属する会社が存在する)
・収入がある(税金の支払いをしている)
・社会保険および任意保険への加入をしている
・前科、犯罪歴がない
・大きな借金、金融事故がない
が主な内容となります。これ以外には、ある程度の年齢であったら結婚をしているという条件もあります。

この中でも特に注目しなければいけないものが「大きな借金、金融事故がない」というものです。

金融事故とは、前述にも登場した自己破産や金融業者での借入金の大幅滞納、多重債務などの経験がある人のことを指します。JICC、全銀協、CIT、全情協といった信用情報機関が管理するリストにブラックとして記載されてしまった場合、社会的信用がないものとされます。

「社会的信用がない」ということは、お金を借りる、住宅ローンや車のローンなどを組む事ができなくなります。お金=信用です。社会的に信用がない人間とされてしまうのです。

また社会的信用がないと、医療ローンを組む事もできません。突然の病で多額の治療費が必要になった時に、貯金もなく、保険もなければ医療費は借金となるかもしくは適切な治療を受けることができなくなるます。

こういった最悪の展開を迎えないためにも、金融事故だけは起こさないようにしましょう。

③お金がない人の未来は苦しいだけの人生に…

老後の余生を考え、しっかりと若い頃から定年までの間に貯金をしていた方は、余裕のある暮らしを送る事ができます。しかしお金がない人は、定年後も仕事を見つけて働かなければいけません。

国民年金の積立て、定期預金・貯金をしっかりと行っていれば、定年後に無理をする必要はありません。お金を貯めることができなければ何歳になっても自分の身体に釘を打ち働き続けなければいけません。なぜなら、収入がなければ生きて行けません。生きるために働かなければいけないのです。

苦しいばかりの未来を送らないためにも、今からお金がない人の特徴を抑えないこと。そして今ある暮らしやお金との付き合い方を変えなければいけません。

・お金に縁がない人生にならないためにも

①収入・支出・貯蓄を把握すること

自分の収入がどのくらいあるのか、確認をしてください。給与明細を確認し、どのくらいの収入があるのかを今一度、見直ししてみましょう。

それに対して、どのくらいの支出があるのかも見直す必要があります。支出があまりにも多いと、収入の殆どが支払いに消えてしまいます。これでは、お金が手元に残りません。無駄な支出をカットすることも大切です。

どのようなことにお金が掛かっているのか、支出の原因を把握しましょう。

また過払い金がないか、確認をしてみてください。過払い金は、法律事務所での相談が必要となりますが基本無料で「自分の過払い金」をチェックすることができます。再度、支出や過払い金がないかの見直しをしてみましょう。

そして貯蓄がどれくらいできるのか、計算をしてみることも大切です。一円も貯金をすることができない状況であれば、無理に貯金をする必要はありません。

しかし小銭だけでも貯金箱に入れて貯蓄をしてみる気持ちが大切です。缶ジュースを1本買うお金を貯金にまわしてみてください。それが10回続けばあっという間に1,000円の貯金ができます。貯金は積み重ねが大切です。一度に数万円を貯金しなければいけないとは思わず、数百円でも良いので貯金をしてみてください。

②お金の使い方を考え直す

支出が多い場合、何にお金が掛かっているのか見直すことが大切です。無駄な出費を抑えることは、お金がなくならないためには必要不可欠です。携帯代のプラン変更や電気代の見直しなど、今すぐに見直せる箇所は案外多いものです。しっかりと全て見直し、出費を極力抑えるようにしましょう。

また普段の生活の中で、交際費にお金が掛かりすぎていることはありませんか?

友人との食事、恋人とのデート、家族とのだんらん…。色々な人と会うと、どうしてもすぐにお金が必要になる場面が多いです。

誰かと会うことは、悪いことではありません。楽しい時間はストレス発散にもなり、良い事です。

しかし人に会う時に、奢っていたりしませんか?数千円から数百円の奢りでも、積み重なれば数万円単位になってしまいます。奢らなければいけない場面であれば、仕方がありません。とはいえ無理に奢る必要はありません。

割り勘ができる場面ではしっかりと割り勘をして、自分の出費を抑えることも大切です。

自分のお金の使い方を見つめ直してみましょう。

・明るい未来のために「いまお金を作る」ことが重要!お金がない時の対処法!

常にお金がない状態になっている方でもやり方次第で改善が可能です。そのためには、まずお金の使い方をしっかりと学ぶ事が大切です。そこで必要なものが「現金」です。

現金がなぜ必要なのかというと、クレジットカードやデビットカードなどを使わないためです。

カードというものは、現金を使うわけではないためお金を使っている感覚を失います。どのくらい使った」という感覚がなければ、「まだ使える」という間違えた考えが生まれてしまいます。この間違えた考えがお金の使い過ぎに繋がります。

スマホゲームの課金も同様です。クレジットカード決済を選択していれば、過剰に使いすぎても感覚がないため、どのくらいのお金を使ったのか気がつかないのです。

スマホで課金する際も、コンビニでiTunesカードやGoogleプレイカードを購入してみてください。自分がどのくらい使ったのかが明確にわかり、使い過ぎを避ける事ができます。

カードを使いすぎてしまえば、支払いは増えるためお金は手元に残らなくなります。お金の使い方を見直すためにも、今すぐにカードを使わずに現金を使う生活にシフトチェンジしましょう。

①手元に現金がない…!そんな時はカード決済ではなくキャッシングを使うことが大切!

クレジットカードを使いたくないが、現金が手元にない…。そういった場合に便利なのがキャッシングです。

キャッシングは、クレジットカードにもショッピング枠とは別にキャッシング枠として設けられていることがあります。

しかし、クレジットカードのキャッシングには大きなデメリットがあります。

クレジットカードのキャッシング枠には盗難保険がありません。暗証番号を解読されてしまうと、設定上限にキャッシングでお金を借りられてしまうわけです。そのため、クレジットカードのキャッシング枠は追い込まれない限りゼロに設定しておくことをお勧めいたします。

そこでおすすめなのが消費者金融会社のキャッシングサービスです。

消費者金融とクレジットカード会社のキャッシングサービスを利用するのでは、どのような違いがあるのか比較をしてみました。

消費者金融会社とクレジットカード会社の比較例(※会社によって異なります)

消費者金融会社 クレジットカード会社 消費者金融
年齢制限 20歳~ 18歳~
申し込みから融資までの期間 即日(最短30分)~数日 即日~数ヶ月
最高金利 15.0~18.0% 15.0~18.0%
最高限度額 50万円~150万円 20万円~150万円
借入方法 コンビニ、銀行振込、ATM 銀行振込、ATM
 コールセンター あり あり
返済方法 ATM振込、店頭、自動契約機 口座振替
年会費 無料 無料・有料
利子無料期間 あり  なし

消費者金融会社とクレジットカード会社の違いの中で、最も重要となるものが「利息無料期間」です。消費者金融では、初回に限り多くの会社が無料でお金を借入することができます。

お金の借入をした時に利息が掛からないということは、無料でお金を借りていることと実質代わりありません。とても便利に使う事ができるため、お得にお金を手に入れる事ができます。

消費者金融での借入は安全性も高く、トラブルなどが起きることはありません。

現金生活にするためにも、一度きりでお金の借入を行うことも可能です。ライフスタイルに合った選択をすることができればいいですね。

②キャッシングは怖い!お得で便利なカードローンでお金を作ることもOK!


消費者金融は、昔から「怖い」など悪い印象が根付いています。

プロミスやアコム、モビットのような会社は、実際には悪いことが一切ない優良企業です。最近ではテレビCMなども多く放送され、馴染みやすいものに代わり始めています。しかし抵抗がある…そういった場合におすすめなのがカードローンです。

カードローンは、銀行もサービスを提供しています。安全性も高く、安心して利用をする事ができます。

利子も比較的安く設定されていることが多く、利用しやすいサービスとなっています。

しかし利子が低いため、審査の基準が厳しくなっています。特に銀行のカードローンは、審査基準がかなり厳しいといわれています。審査に時間も必要になるため、今すぐにお金が欲しい時には不向きなサービスとなります。

また時間を掛けて審査をしても、結果的にお金を借入することができないという場合もあります。

銀行カードローンは、金利が低い分、審査の難しさ・時間が必要になるデメリットがあります。

これに比較して消費者金融が提供するカードローンは、金利は一般的な価格設定となっていますが、借入までのスピードはとても早いです。迅速に借入をする事ができるため、すぐにお金がほしい場合には、とても役立ちます。

どのくらいのタイミングでお金が必要なのか、具体的な必要金額、完済までの期間。これらをしっかりと考えたうえで借入をする会社を決める事をおすすめします。

・お金がない人の特徴とその未来を考えた上で気をつけるべきこと

どんなにお金持ちでも、突然お金がなくなってしまう日が訪れる可能性はあります。お金は、一度消えてしまったら手に入れることは難しいものです。

万が一の時に備えて、お金がない人の特徴に当てはまらないような人生を送る事が重要です。普段からギャンブルなどの勝負事、衝動買いのような無計画な出費はなるべく抑えることが大切です。

お金を貯め込み一切使わないということは、日本の経済のためにもよくありません。しかし使い過ぎや自分の収入に見合わないお金使いもよくありません。どのようなことも節度を守る事が大切です。

しっかりと自分の生活を見直し、今一度未来のことを考えてみましょう。

Share this: