「0120211231」からの電話は年金機関からの未納分に関する連絡!

0120211231からの電話は「国民年金」に関する内容!

0120211231から電話がかかってきた経験はありませんか?

36歳男性
平日、仕事中の時間に何度も0120211231から着信があります。留守番電話に伝言を残してもらえないので「誰なんだろう?」と思っていました。
27歳フリーター
月に数回、不定期に0120211231から電話があります。実家にも電話がかかってきて、焦りました。

このようにある日突然、0120211231から電話があり、驚く人も多いようです。

0120211231は特徴として…

  • 電話のタイミングは不定期
  • 平日、土日問わず17時までにかけてくる
  • 固定電話に電話をかける際は「◯◯さんいますか?佐藤です」など、会社名を伏せる
  • 留守番電話に伝言を残さない

少々怪しい電話感があります。

この0120211231という電話番号の主は、日立トリプルウィンという民間企業です。

日立トリプルウィンとは?

日立トリプルウィンとは、サザエさんでおなじみの日立のグループ会社。

  • コールセンター業務
  • 人事・給与アウトソーシング
  • 経理アウトソーシング
  • 国民年金収納事業
  • 食・農事業
  • 保険事業

これが日立トリプルウィンの事業一覧です。

日立トリプルウィンは、国民年金収納をメイン事業にしています。そのためホームページをみてみると、国民年金収納についての詳細ページもみられます。

このページをみるとわかるのですが、日立トリプルウィンが日本年金機構から委託されている業務は…

  • 納付手続き
  • 免除申請手続き
  • 案内や相談の受付

上記がメインです。

20歳学生
支払いが困難。支払わなくても良い方法はありませんか?
29歳男性
今の経済状況で年金を支払うのは厳しい。払いたい気持ちはあるので少額にしてもらえませんか

このような年金についての相談も受けてもらえます。たとえば支払いが困難な場合、支払い免除申請の方法を教えてもらえたりします。また支払い金額の相談、分割払い、年金の受け取り方、支払い方法なども教えてくれます。

日立トリプルウィンは、国民年金のプロフェッショナルです。年金についての不明点がある場合、積極的に日立トリプルウィンに電話をして聞いても問題ありません。

0120211231は仙台コールセンターから電話をかけている!
平日9:00〜20:00、土日祝日9:00〜19:00
常にお問い合わせ窓口として解放しています。

また日立トリプルウィンは日本年金機構から正式に委託を受けています。よく知らない電話番号から着信があると…

41歳男性
個人情報が流出しているのかもしれない!自分の名前や電話番号が見知らぬ企業に知られているのは気持ちが悪い…!

と、不安な気持ちを抱く人がいます。日立トリプルウィンは公式な方法で、個人情報を日本年金機構から受けています。

そのため日本トリプルウィンのホームページを見ると、一番下の部分に、厚生労働省、日本年金機構、日本情報経済社会推進協会(プライバシーマーク)のマークがあります。これは安心安全の証拠です。

万が一、どうしても個人情報の漏れが不安な場合は日本国民年金機構のフリーダイヤルに電話確認をしてみましょう。

  • 0570-05-1165(ナビダイヤル)
  • 03-6700-1165(一般電話)

どちらかに電話番号に連絡をして、0120211231から着信があったことを伝えましょう。

自分の現状、0120211231から電話を受けた理由などを教えてくれます。0120211231から電話があり、不安に感じたら日本年金機構へ連絡をしましょう。

0120211231からの電話を無視すると差し押さえの危険あり

もし0120211231から電話がかかってきたら、すぐにかけ直しをしてください。タイミングをみつけて、なるべく早くかけることがベストです。

0120211231から電話があるということは、年金未納金が発生しているの可能性があります。

基本的に0120211231から電話がかかる人たちは、

  • 日本年金の未納金がある
  • 日本年金の滞納金がある
  • 口座引き落としやクレジットカード支払いが上手くできていない

これらの問題が起きている可能性があります。年金の未払い金は、2年で失効するといわれています。そのため過去2年の間に連絡をせずに支払っていない年金がある場合、電話がかかってくる可能性があります。

また0120-211-231の電話を受けたら「差し押さえ寸前です」と言われる人もいるそうです。

国民年金は20歳になったら加入の義務があります。しかし最近テレビやネットニュースでは「将来年金を受け取れない」「年金は貰えないから払わなくても良い」など言われています。そのため「年金は払わなくても良いもの」と、間違った認識をしている人も増えています。

年金を支払わなければ

  • 65歳になってからお金が貰えない
  • 障害年金が貰えない可能性がある
  • 遺族年金が貰えない可能性がある

このような問題が発生します。単純に「将来お金が貰えない」だけの問題ではないのです。

しっかりと年金を支払い続けていれば、これらの問題はなにも起こりません。しかし、支払いが滞ってしまったり、未払い金が多くあると、貰えるはずのお金が手に入らない可能性があります。

こういった学校では教えてもらえない、年金についての問題や疑問についても0120211231では教えてくれます。

国民年金を払いたくない!そんなときは「相談」がベスト

どんなに支払いの義務があっても、金銭的に余裕がない状況だと0120211231からの電話を無視したくなります。また個人で貯蓄をしたり、保険会社の個人年金商品に加入したり…。いろいろな方法で将来のための対策をとっているため、国民年金を払うことに抵抗がある人も多いはずです。

33歳会社員
国民年金だけは払いたくない!

そんなときは、0120211231からの電話を無視せずに「支払いが難しい」と伝えましょう。

0120211231から電話があったのにもかかわらず、無視を続けると銀行口座の凍結や給料の差し押さえ、車や家電などの財産の押収が行われる可能性があります。もし、そういった状態になれば、生活が困るだけでなく、周囲の人に迷惑をかける可能性も。

家族や恋人、友人と同棲している家に財産押収に来られれば、自分のものではない金品まで押収されることもあります。そうなってしまえば、簡単な謝罪では済まされません。人間関係が崩れてしまう可能性まであるのです。

また一度押収された財産や差し押さえされたお金は、戻ってくることはありません。「あとで戻ってくる」と、流暢な発言ができる余裕もないです。ある程度の蓄えや余裕がなければ、厳しい生活が待ち構えていると覚悟を決めなければなりません。

このようなことを避けるためにも「支払いが難しい」「支払いをしたくない」と、考えている場合は、まずは0120211231に連絡をいれましょう。そして現在の状況や年金の支払いについての相談をしましょう。

どんな場合であっても、かならず0120211231からの電話には出て、相談をすることが大切です。「数分間の我慢」と思い、頑張って電話に出てください。

電話をすれば、その人にあった年金の支払い方法を提案してもらえます。支払い免除になる可能性もあります。

厚生年金を払っている!なぜ0120-211-231から電話が?

現在務めており、毎月分の給料から厚生年金を支払っている人も多いと思います。しかし、そんな人の元へも0120211231から電話がかかってくることがあります。

厚生年金を支払っているのに、0120211231から電話がかかってくる理由は、人それぞれ異なりますが下記が多いといわれています。

  • 学生時代の未納分がある
  • 転職の際に未納分が発生した
  • 休職期間に支払いを忘れていた

など、これらのどれかに当てはまっていれば0120211231から電話が届きます。

34歳自営業
休職中や学生時代、国民年金は支払わなくても良いものだと思っていました。そのため0120211231から「支払っていない年金がある」と言われたときは、かなり驚きました。

この方のように、学生時代や休職、無職期間中は国民年金の支払いをやめてもいいと考えている人が多いです。そのため知らない間に、未納金は膨れ上がり驚くほどの金額になっていることもあります。

もし20歳を超えてから年金を支払ったかわからない期間があるならば、0120211231または日本年金機関に問い合わせをしてみましょう。どのくらい支払っていて、未納金額がいくらなのかは、常に把握しておいて、損はありません。

放置厳禁!0120211231から電話があったらすぐに掛け直し!

0120211231から電話がかかってきたら、急いで折り返しの電話をかけてください。どうしても0120211231からの電話は「また今度でいいや」と、後回しにされがちです。実際に毎日何百人もの人が、0120211231からの電話を無視しています。

しかし、0120211231からの電話を無視しても良いことは、なにひとつありません

電話に出なければ…

  • 財産の押収
  • 銀行口座の凍結
  • 給料の差し押さえ
  • 遺族年金が貰えない
  • 障害年金が貰えない
  • 周囲の人たちに迷惑をかける

このような問題が起こってしまう可能性もあります。かならず事前に連絡をして、最悪の状況を阻止しなければいけません。

また0120211231からの電話は、すべてが年金未納金についての案内ではありません。引き落としに設定している銀行口座やクレジットカードがうまく利用できずに、支払いが滞っているときにもかかってきます。一概に悪い知らせばかりではないと思い、出てください。

そして電話をするときは、下記のポイントを忘れないようにしましょう。

電話に出るときのポイント:状況確認を忘れない!

どうして0120211231から電話がかかってきているのか、状況がわからない人がほとんどだと思います。そこで0120211231からの電話を受けたら下記のポイントを確認してください。

  • どうして電話をかけてきたのか確認をする
  • 年金未納金は合計どのくらいなのか
  • 年金未納機関はいつ頃からいつ頃までなのか
  • 支払い期日
  • 支払い方法

これらを確認したうえで、自分の現状や状況を考えてみましょう。無理なく支払いができる状況であれば、支払い用紙を送ってもらいましょう。クレジットカードでの支払い希望の場合も、相談をしてください。

また「この期間は年金の支払いをしているのに未納扱いになっている!」など、誤った話をされたら、正直に「間違えている」と伝えましょう。支払い用紙や領収書がなければ難しい可能性もありますが、二重支払いを防げます。

電話に出るときのポイント:名前や個人情報の確認

0120211231から電話がかかってきたら、まずは本当に自分宛の電話なのか、確認をしましょう。

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業

これらの情報を確認すると、電話対応をしている人が年金機関の情報を元に答えてくれます。しっかりと自分宛なのか、確認をとりましょう。

万が一、間違えた人の電話だった場合は「その人ではありません」と伝えてください。職業に関しても現状のものと異なって登録されていたら、修正をお願いしましょう。

電話に出るときのポイント:支払いができなければ免除申請の手続きを!

0120211231の電話対応者から「支払いができない」と判断されたら、免除申請手続きを受けられます。

免除申請手続きは、後日自宅に郵送される書類に必要事項を記載することがほとんどです。免除申請の手続き方法についての説明をしっかりと受けて、指示に従って進めていきましょう。

状況によっては、この場で住所の確認をされることもあります。その際は、郵便番号から正しい情報を伝えられるようにしましょう。

お金がないが年金を支払いたい!そんなときはキャッシングが便利

ここまで、0120211231からかかってくる電話の重要性をお伝えしました。どんな状況であっても、なるべくならば年金は、支払っておきたいものです。

しかし安月給の中で、生活費を抑えて年金を支払うのは厳しいもの。とくに低収入や安定しない職業の人は、年金の支払いが生活に大打撃を与えることも。とはいえ、将来のためにも年金は支払っておきたい機関のひとつ。

そこで便利なのがキャッシュングです。キャッシングは、あとで支払いをしなければいけませんが、一時的な金欠を解消するのに優れたサービス。商品によっては利息無料で借入ができるタイプもあり、上手に使えば強い生活の味方になってくれます。

このキャッシングを使って、過去未納分の年金を一括払いする人も多いです。一時的な借入であれば、分割で数ヶ月に渡って完済もできるので負担はそこまで大きくなりません。そのため上手にキャッシングを使って対応をする人もいます。

自分の状況を確認して、キャッシングで返済をするのもありです。

Share this:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です